日乗・備忘録2003.11.16/亜州和親会への朝鮮人参加に関してイ・キョンソクさんとの応答

2003/11/16(Sun)

昨日開催の平民社100年記念・国際シンポジウムに参加、主催 「平民社百年」全国実行委員会、開会挨拶(山泉 進)クリスティン・レヴィ氏、マイク・H・シュプロッテ氏、ベンジャミン・ミドルトン氏、李 京錫(イ・キョンソク)氏、梅森直之(司会)

李 京錫(イ・キョンソク)さんの発表はかなり勉強になりました。亜州和親会には朝鮮人も参加していたという結論です。シンチェホや東方無政府主義者連盟にも触れていました。従来の研究では参加がないとされていたり曖昧であった。

2003/11/16(Sun) 平民社跡探訪―有楽町、巣鴨、大久保、柏木、千駄ヶ谷。関連企画で昨日の参加者10数名で最後は長い距離を歩きました。

2003/11/17(Mon)

<イ・キョンソクさんの発表論文>全文は主催者である初期社会主義研究会が11月15日のシンポ全体の報告集を冊子として発行するので、刊行されたらお知らせします。当日、配布された資料から章タイトルとジョ・ソアンに触れている箇所を極く簡単に紹介します。<平民社と民族問題亜州和親会を中心に>

はじめに 一 平民社における民族問題1 社会主義における民族と階級2 平民社における民族と階級 二 亜州和親会の創立 亜州和親会の宗旨及び活動 幸徳秋水と亜州和親会 三 朝鮮側の参加問題 1 朝鮮側の参加問題 2 趙素昴の場合 ジョ・ソアン1887-1958 1904年に日本留学1912年帰郷 1913年上海亡命、韓国では「三均学会」がある。1930年代に「三均主義」を理論化。朝鮮の主要な左右合作、民族独立運動組織の運動指針として採択、韓国臨時政府の綱領ともなる、むすびに。

2003/11/17(Mon)

イ・キョンソク<ご評に謝々>拙い報告でしたが、早速ご評を掲示して頂いてありがとうございます。一個師団のイラク派兵を決定した韓国の現状を思うと、アメリカ一極支配体制の下では、国内の反対だけではどうにもならない。今こそ平民社と亜洲和親会の人々に倣い、連帯の行動を起こすべきであると切実に思います。これからこの集いに時々お邪魔して、勉強させて頂きたいと願います。

2003/11/17(Mon)

<シン・チェホとジョ・ソアン>

「...丹斎<シンチェホの号>の、自身の体を省みない活発な活動は、丹斎に衰弱をもたらした。このような丹斎の姿を見ていられず、上海のシン・ギュシクが丹斎を呼び寄せた。ある程度の気力を回復した丹斎はシン・ギュシクが運営していたドンジェ社にしばらく滞在し、シン・ギュシクの助けをかりて博達学院を開設して青年たちを教育した。博達学院は、檀君の精神を生かし、民族の生きる道を探して行こうとする丹斎の意識から始まった教育機関であった。この学院の講師に厶ン・イルビョン、ホン・ミョンヒ、ジョ・ソアン、シン・ギュシクなどが招かれ教育を受け持った。 1914年、丹斎に、中国亡命中、歴史意識の大転換を迎える機会が訪れる。

...丹斎の、自身の体を省みない活発な活動は、丹斎に衰弱をもたらした。このような丹斎の姿を見ていられず、上海のシン・ギュシクが丹斎を呼び寄せた。ある程度の気力を回復した丹斎はシン・ギュシクが運営していたドンジェ社にしばらく滞在し、シン・ギュシクの助けをかりて博達学院を開設して青年たちを教育した。博達学院は、檀君の精神を生かし、民族の生きる道を探して行こうとする丹斎の意識から始まった教育機関であった。この学院の講師に厶ン・イルビョン、ホン・ミョンヒ、ジョ・ソアン、シン・ギュシクなどが招かれ教育を受け持った。 1914年、丹斎に、中国亡命中、歴史意識の大転換を迎える機会が訪れる。

2003/11/18(Tue)

イ・キョンソク

ムン・イルピョン、ホン・ミョンヒは、ともに日本に留学して、ジョ・ソアンと行動をともにしていました。シン・チェホは、ジョ・ソアンと朝鮮で同じ学校を通いました。同斉社(ドンジェ社)は、韓国臨時政府の母体ですが、ここにも日本留学組は少なからぬ役割を果たしています。

2003/11/18(Tue)

上海が面白い、1914年夏に山鹿泰治が大杉栄に依頼され、上海に行き劉師復の民声社を手伝い、9月に戻ります。シン・チェホやジョ・ソアンと山鹿が会っている可能性は少ないのですが...

2003/11/19(Wed)

イ・キョンソク  おっしゃるとおり、山鹿は思復の運動に協力しましたが、シン・チェホやジョ・ソアンとの接点については、まだ言及されてないようです。中国における無政府主義者の連帯運動を探るために、これから山鹿泰治、岩佐作太郎、赤川啓来などの活動を、重点的に追っていかなければと思っています。

2003/11/18(Tue)

『無政府主義』イ・キョンソク さんの論文ではジョ・ソアンが1907年2月2日、無政府主義一巻を購入と日記に記していることを指摘。九津見の下記の本と推測。1906年11月16日発行、平民書房、九津見息忠著<奥付の名><序>の名は蕨村、1906年9月と記されている。註 九津見蕨村の名が一般的です。この少し前、幸徳の直接行動論の影響から『近世無政府主義』が売れ始めたとあります。

参考『近世無政府主義』煙山専太郎1902年、東京専門学校出版部<早稲田大学の前身>刊

2003/11/19(Wed)

イ・キョンソク  私は久津見の著作である可能性が高いと思っていますが、ジョ・ソアン研究に造詣の深い韓国のある研究者は、張継が編訳した本であろうと書いています。張継が1903年上海で翻訳した「無政府主義」は確認できますが、1906年東京で編訳したものは、管見の限り確認がとれないのです。お教えを請います。

2003/11/19(Wed)

玉川信明著『中国の黒い旗』1981年7月、晶文社刊は版元品切れですが、46頁に張継に関する記述があります。

幸徳の訳したエンリコ・マラテスタの『無政府主義』、ロラーの『総同盟罷工論』(1907年)を中国語に重訳している。...と記述があります。出典が明確ではないのですが。『中国黒色革命論』嵯峨隆、2001年7月発行、社会評論社刊、18頁には1903年の『無政府主義』に関して8行の記述があります。内容としては当時、最も体系的に西洋アナキズムを紹介、バクーニンの影響が強いという結論。

燕客(張継)「『無政府主義』序」『無政府主義資料選』上冊、北京大学出版社、1984年、25頁と欄外に註があります。関連記述があるかどうか、他の文献としては『中国アナキズム運動の回想』、総和社、1992年が編集・翻訳され日文で読めます

2003/11/20(Thu)

イ・キョンソク お教えに謝々貴重なお教えをありがとうございます。私が疑問に思うのは、張継が翻訳したという本が果たして日本の書店で販売されていたかということです。日本語の訳本があるにもかかわらず、日本のお客がわざと中国語の重訳本を買って読んだとは到底考えられません。というのと、もう一点は内容的にも、久津見の「無政府主義」の方がのちのジョ・ソアンの思想形成に影響していると思われるからです。久津見は直接行動を否定するものではないですが、最終的な革命は個々人の認識のレベルで起こると言っています。その点が、ジョ・ソアンの六聖教など、のちの思想的な遍歴につながると思えてならないのです。今のところ、これは全く架空の話にすぎません。ともあれ、貴重なお教えに重ねて感謝します



[PR]
# by koutokushuusui | 2014-06-16 13:52

ブリキ缶の爆裂弾

d0241493_19341372.jpg


d0241493_19343158.jpg


d0241493_19344497.jpg


d0241493_193455100.jpg


d0241493_19351065.jpg


d0241493_1936472.jpg


d0241493_19361937.jpg


d0241493_19362940.jpg


d0241493_19364122.jpg


d0241493_19365712.jpg


d0241493_1937894.jpg


d0241493_19372289.jpg


d0241493_19373318.jpg


d0241493_19375331.jpg


d0241493_19381261.jpg

[PR]
# by koutokushuusui | 2011-12-17 19:38

大逆事件の家族たち

『大逆事件の救援史』として連載執筆より抜粋。2008年5月より連載開始。2011年4月掲載から8月

堺利彦
 百年前の一九一一年四月、堺利彦は処刑された同志の遺族への慰問目的と、直接的な弾圧を免れた社会主義の同志たちの状況を把握するために各地を訪問する。
官憲の史料であるが『社会主義者沿革第三』に「堺利彦、陰謀事件関係者遺族慰問の旅行顛末、附大石誠之助遺物の処分」と題された項目が残されている。

 その報告から適宜引用をする。「三月三十一日出発同年五月八日帰京せり……」と、京都府の岩崎革也が堺に対し旅費を工面した事実から書き始められ、「金十円内外を堺に貸与したりと云う旅行中の重もなる事項を挙くれば左の如し」と以下各地での動静が十項目に分けられ記されている。岩崎の三月下旬の東京滞在時に堺や大杉栄が訪ねていることも別項目で報告されている。

 岩崎革也は一八七〇年生れ。『平民新聞』刊行など初期の社会主義運動を財政的に支援した。当時は京都の須知(しゅうち)町の町長と推測される。後に京都府議となる。
堺は四月一日から六日にかけて京都に滞在し岩崎、高畠素之、有馬源次らと会い雑誌刊行、「陰謀事件発覚前後の状況等」に付いて談話をしたという。報告は追尾していた各地の警察官、あるいは密偵が探り出した内容である。この「社会主義者沿革」が作成された経緯の概要を記す。

特高設置直前
社会主義者沿革は内務省警保局が極秘文書として作成、政府部内に配布した社会主義者への視察取締経過報告書である。第三は一九一一年六月時点でまとめられた報告書である。

天皇国家の政府は自由民権運動退潮後も政治思想を有する者を警戒した。一八八六年、警視庁の国事、高等警察部門の拡張を為し所管を八一年以来の内局から本部第三局に移した。警視庁による視察は当初は主として密偵が使用された。一八九三年以降は高等警察専任警官が置かれる。一九〇六年四月に高等課を新設し、さらに一九一一年八月二一日に特別高等課が分設された。
(参考『続・現代史資料1』松尾尊兊《まつお・たかよし》の解説)

処刑後の遺体引取りの新聞記事 画像

岡山
堺は四月七日、岡山に森近運平の妻繁(六月二一日主義者に編入、註、視察対象となる)と実弟良平に面会し「実父嘉三郎に使者を遣わし弔詞を述べ、長女マガラに対する土産として繁より金を受け取った」と報告。附記として良平は「貴下の御越しに付いては自分は赤旗を出して迎度考なり」と語ったという。良平は処刑された兄の無念を解消したかったのであろうか。堺を赤旗で出迎えるという意図は痛快である。堺は遠慮して断り実現しなかった。

福岡、熊本
九日、福岡に着き同志の森繁、横田宗次郎の訪問を受けたと報告されている。
一一日に熊本着、一三日に出発迄の動静は「松尾卯一太の妻倭久、実父又彦、実弟久男を訪ね弔辞を述べ、佐々木道元の実母エキ、実兄徳母に面会慰問の辞を述べ、徳母の案内で、新美卯一郎の妻金子トク、叔父巳之太郎を慰問、巳之太郎の案内で卯一郎の墓を拝し、松尾方にて古庄友祐(旧『熊本評論』社同人)と対談」。

高知
四月二二日から二七日にかけて高知県中村町の幸徳秋水の義兄、幸徳駒太郎宅に滞在し幸徳の家族たちと交流をする。秋水の墓前に詣でる。一家の者と共に下田港湾附近に漁遊を試み、幸徳一家の請に応じ約二〇枚の揮毫を為し、甥徳武次郎(準、註、視察対象に準じる)、従弟安岡友衛(準)、義従弟幸徳虎次(七月八日に準に編入)を始め「十数人の親族に面接し頗る歓待を受けたり」と報告される。

二六日には「土佐郡潮江村に移り翌日に梅の辻なる岡林寅松の実妹晃恵の嫁せる西野久寿弥太方を訪ねる。慰めの辞を述べ寅松家族に対する談話を為す」と報告。


大阪
二八日に兵庫県の小松丑冶の留守宅を訪問。後に大阪に移動。
二九日、武田九平の実弟伝次郎を訪ね同人と共に九平の妻森口ユキ及び同居者にて岡本穎一郎の妻藪田ハル(不在)を慰問、伝次郎、岩出金次郎と共に三浦安太郎の家族を訪問し、九平の留守宅に来合わせた百瀬晋と暫時対談の後に出発。続けて京都に移動し三〇日に岩崎方に一泊し五月一日に出発。

和歌山
五月三日に和歌山県に着く。同日に「大石誠之助の妻恵為を訪ね弔辞を述べる同家に滞在誠之助の墓を拝し、高木顕明の妻権田タシ、誠之助の実兄である玉置西久と訪問を交換し」、「恵為の案内で峯尾節堂の母ウタ方、玉置方を訪問し玉置方にて大石真子にも面談する」(玉置方の訪問目的は同家に預けてある誠之助の書籍を見るためという)。そして西村伊作に出会い成石平四郎、勘三郎の家族には四日に書面で慰問をする。五日、三重県に入り、崎久保誓一の
家族を慰問。

六日に木本港より乗船し翌七日鳥羽港に着き帰京の途に就く。
警察官あるいは「密偵」はどの程度まで主義者たちやその周辺に接近し、情報を得ていたのだろうか。荒畑寒村は同志たちとの茶話会や研究会に警官が同席していたことを回想している。
堺は帰京の夜、同志たちに各地の状況を報告する。

同志への報告
五月七日、堺利彦は帰京の夜に同志たちを招集し報告会を開いた。参集した同志は大杉栄、堀ヤス、岡野辰之助、田島梅子、斎藤兼次郎、吉川守国、藤田四郎の七名である。
『社会主義者沿革第三』に掲載された堺の談話の要領を引用する「大逆事件処刑者の遺家族は坂本清馬、飛松与次郎を除くの外は悉く訪問せしが累の及ばんことを恐れ面会を好まざる者なきにあらざりしも其の多数は歓迎しくれたるを以て余は大に満足せり」。

坂本と飛松の家族を除いて全て訪問をした。社会主義者である堺と会うことにより、官憲からの更なる弾圧が引起されることを恐れ、訪問を嫌がる家族も少数であるがいた。しかし多くの家族は私の訪問を歓迎してくれたので満足をしているという趣旨である。

幸徳の遺族
土佐、中村の幸徳家を訪ね秋水使用の部屋に案内されている。堺は秋水のことや裁判の過程で病死した秋水の母親の遺影をみて様々に感じている。
「幸徳秋水の遺族同駒太郎は余の往訪を喜び特に秋水常居の一室に招かれたり室内には秋水の老母の写真を飾りありて感慨交々至れり秋水の祖母は秋水に再会せしの感ありとて大に喜べり」。

続いて幸徳秋水の遺産の分配に関しての報告である。「秋水の家屋其の他所有品を売却せし代金二千余円ありしも大部分は秋水に於て費消し剰す所約五百円に過ぎざるも」とあり、師岡千代(秋水の離別した妻)には百五十円を譲与し遺稿の『基督抹殺論』の収益五十円を加えて二百円を与えると堺は調整をした。そして「何れ千代に相談する考えなり」と述べ、残りの三百五十円は在米の社会主義者で秋水の甥の幸徳幸衛に譲与がなされるはずであると報告。

各地の家族
刑死者の家族の様子も報告されている。「松尾の妻は管野スガの後継者になる可能性がある」。
『熊本評論』を刊行していた松尾卯一太の妻に関する評価である。管野須賀子が引き合いに出されている。妻の直接のコメントとして伝えられていないので推測をするしかない。妻が語ったのは政府批判であり、天皇国家の問題点、社会矛盾に関してのことなのであろうか。その後の消息は資料で見ることはない。

「武田、岡本の妻は芸者屋を為しているが警察の迫害に苦しむ」、
大阪の武田、岡本の妻は芸者の置き屋をやっていたようである。警察からいやがらせを受け苦痛となっているようである。

「森近良平は意思堅固、立派な同志である、運平の妻は東京の同志のことを尋ねていた」。運平の実弟の評価が高い。
「京都の同志は東京の同志と常に連絡を保ちたいとの懇望、同志の氏名を告げる」。
京都の社会主義の同志たちは東京の同志たちと連携を続けるという決意があり、堺は連絡が可能な同志たちの名を伝えた。

和歌山の遺族たち
和歌山での大石の妻に関して報告。「病院其の他器具等を売却し当時は極めて閑散の身と為り居るも流石は大石の薫陶をうけたるものなれば」と語り始め、誠之助の「衣類書籍は東京の同志に配布を」と依頼されたことを報告。
「高木の妻は同地の習慣で後継住職の梵妻たるべきはずであるが妻は過日、秋田監獄の高木を訪問し不都合ということで、放逐された」。

同地域のみの習慣なのか、後継住職の妻になるはずが監獄に行き面会をしたという当然のことが問題視され、寺から追われたということである。

堺の今回の旅行全体に関しての費用は「三百円かかったが岩崎より恵まれる。同氏に対して大いに感謝する」。前号に記した岩崎革也の資金カンパが堺の今回の訪問を支えた。

「各地の状況は決して悲観すべきにあらず尚かつ優に一と旗挙げ得べきを認めたり」。
大逆罪弾圧の判決と処刑から数カ月を経たなかでの同志懇談会である。堺は数少なくなった同志たちを奮いたたせるコメントを発した。

最後に「エマ・ゴールドマンより幸徳其の他、刑死者に対する弔慰金として三百弔慰金
『社会主義者沿革第三』に項目タイトル『米国紐育の「エムマゴールドマン」婦人より陰謀事件関係者に対し義捐金を送付し来る』と付され
弔慰金の分配先の一部が記載されている。

まず四月一一日付でエマ・ゴールドマンより横浜貯蓄銀行払いにて「米貨換算額」百五十円が加藤時次郎宛に送金されている。先に三百円の額と堺より報告されているが銀行が海外からの個人送金の手数料として大幅に銀行が引いたのだろう。(今日でも銀行を利用して海外から送金を受けると手数料が大きく引かれる)。

堺が分配せし形跡あり、と書き始められ「其の内判明せしもの左の如し」として森近運平実弟良平へ金十円、成石平四郎寡婦「むめ」へ五十円、坂本清馬実父幸三郎へ十円、成石勘三郎家族へ金五円、新田融妻ミヨへ金十円と列挙されている。

同沿革の記載によると、加藤はエマと面識がないという。加藤が滞米中に演説をしたことがあり、エマはその件から加藤の連絡先をたどったと思われる。

エマ・ゴールドマン
エマは一八六九年リトアニア生まれ、ロシアからアメリカに移住した。アナキズム運動、女性解放運動、反戦運動に参加し七〇年の生涯を通して闘い続け、恋愛にも情熱をそそいだ。一九世紀末、二〇世紀始めの社会主義に関心がある人たちにとってエマ・ゴールドマンは大きな印象を残している。エマの発表した論文や彼女の活動は伊藤野枝などによって邦訳され一九二〇、三〇年代のアナキズム機関紙誌に多く掲載された。エマの関心は労働運動、産児制限、男女同権、徴兵制反対、監獄と多岐にわたり、ロシア革命時には当地に渡ったが失望し、スペイン内戦においてはアナキストを支持した。

マザー・アース
沿革には『マザー・アース』誌の一九一一年七月発行号に掲載された堺利彦と加藤時次郎のエマ宛書簡と同志で恋人でもあったアレキサンドル・バークマンの「日本よりの声」と題された短い前書きが官憲により訳載されている。
「沿革」の訳載文は漢文混じりである。堺が英訳した書簡をエマに送ったのかどうか定かではない。官憲から依頼された訳者が形式が書簡ということであえてこのような訳文にしたのか。もしくは堺が文中で指摘しているように官憲が信書をかってに開封し事前に写しとっていたのであろうか。「沿革」は今でこそ文献として読めるが、元々は政府の一部中枢に報告された官憲の文書である。当時、堺たち社会主義者が手にすることはできなかった文書である。

堺書簡
「日本政府の野蛮なる実に拙者共の信書の封緘をば窃に相破り候も併しながら未だ流石に金円は窃取不候、故に此の際何卒御送金願上候、金円は目下非常に入用に有之…」と書き始めている。日本政府、すなわち政府の意を受けた官憲が堺利彦が発受信する書簡を開封するという事実をあげ、しかし現金に関しては今のところ盗られていないので送金をお願いしたい、今お金は必要であるという趣旨である。

続けて「二十名余の我同志者は今尚鉄窓の下にあり、其の多部分は無期懲役囚に御座候、而して過般殺戮せられたる同志者共の遺族等は四囲の迫害と日夜の貧窮とに悪戦苦闘致居候、想ふに全世界に亘る我が同志者は必ずや吾々共に深く御同情下さる事に可有之候」。

大逆事件以外で弾圧された同志たちも含めてであろうか二十名と記している。先に堺が遺族、家族を訪問し東京の同志たちに報告と同じように周囲からの迫害を受けていること、困窮状態にあること世界の同志たちは同情してくれるだろうと訴えている。

日本の下層社会は覚醒しつつあり社会主義運動は今後十年で大きくなるであろう、医師の加藤時次郎は友人にして同志である、と記す。

家族への配分
今回、義捐金を送付して頂ければ最も逼迫している遺家族に配与し、一部を以て在監中の同志者に書籍の差入を致す費用にさし向けたい、しかし在監者は「僅かに其の最近親戚より送付の書面を受領し得るに止り、自余の面々よりは一切文通を受け難し、其の受け得るは書籍の差入れだけに御座候」と親戚以外は書籍の差入れしかできないことを伝えている。

「今や日本政府は社会主義又は無政府主義の新聞雑誌を悉皆没収致候も、夫れに拘らず小生は時々米国に在る友人より貴『マザー・アース』誌を寄贈せられて領掌居候」と関連文献は発禁処分にされているが、あなたの雑誌は受け取っていると六月三日付けの書簡を結んでいる。

妻たちの困窮
前号は『マザー・アース』誌宛て堺利彦の書信を引用したが続けて加藤時次郎の執筆の文面を引用する。
(参考文献『社会主義沿革一』みすず書房)。
加藤は堺が各地の家族を訪問して知り得た生活の概況を手紙に認めている。すでに堺の報告を引用したが新しい内容もあるので紹介する。

「同志者新美の寡婦は琵琶弾手となりて僅かに糊口致居り、其の母と共に極めて淋しく暮らし居り候」
「同志者松尾の寡婦は一男一女を有するにも拘らず、故人の弟と逆縁致すべき強迫致され候」。義理の弟との再婚を峻拒したので勘当され路頭に迷うのではないかと判断している。

「同志者森近の未亡人は裁縫学校の教師となりて生計を営まんとし目下其の手運び中に御座候、彼女に七歳の女児一人ありしも右は亡夫生家に引取りて養育する所と相成り、彼女は真に手持無沙汰に有之候」。

二人の女性は家父長制の社会で子どもの育児もままならず、さらに独自の収入を得ることの困難さ、大逆事件の被処刑者の妻であることから独りあるいは子育てしながら生活して行くことに幾重もの圧力を受けている。
「大石未亡人は亡夫の遺児二名と共に極めて安穏に暮らし居候、同志者大石は医師に有之、若干の財産を遺して去りたるものに候」、
「同志者成石の寡婦は其の養父母と共に覚束なき小店を有して生活致居候」。
老父母の困窮
「自余七名の殺戮せられたる我同志者は何れも独身者なりしを以て寡婦をも孤児をも遺さず候」と報告されている。他の刑死者七名は独身であったが或る者は老父母が居た。その父母は貧苦に悩んで扶養を受けざるを得ないであろうと報告している。

無期囚の家族
在監者の同志者家族に就いては「小松の養女は養鶏を以て湖口致居候、武田の養女は芸妓を致し居る其の姉妹の留守番等を勤めて詰り姉妹の厄介になり生活、岡本の養女は工女と成りて勤め候」と不安定な仕事に就いていることが報告。

「取分けて非惨なるは岡林の妻女に候、彼女の両親は彼女に迫りて遮二無二、在監中なる其の良人と離縁せしめんと致し候も、彼女百方之を拒み候、然るに結局彼女の意志は蹂躙せられて離縁に相成り彼女と良人との間に挙げたる一男児は強いて彼女の腕より捥ぎ取られ良人の老父之を鞠養致候」とやはり封建的な家制度の犠牲となっている。

家族への義捐金
加藤は家族に義捐金を分配すると報告して文面は終っている。日付は一九一一年六月八日。宛名は在紐育、友人にして同志者なるエー、バークマン殿。

状勢一班第四
大審院の判決から半年近く経て内部報告文書の名称の変更があり「特別要視察人状勢一班」となる。「第四」の期間は「大凡明治四十四年七月より大正三年六月迄の間に於ける特別要視察人状勢の一班を叙述したるもの」と三年に亘る。

分析された主義者
「第一款総説」には「幸徳伝次郎等に係る陰謀事件の判決は要視察人をして頗る戦慄恐怖の念を懐かしめ中には之が動機となりて全然主義を抛棄したりと認めらるるものなきにあらず」、
「該事件以来一般に警戒心を助長せる結果表面は至極平静なるの観なきにあらざるも一歩進めて深く彼等の真相を探るときは思想堅固なるものに在りては毫も其の変化を来したる跡なきのみならず益々之が研究に力め同志の糾合を図りて他日に期する処あるもの」、

「不敬罪犯者等の恩赦に浴して出獄せるものが尚改悛の域に達せず彼等の群に投じて行動を共にする等甚憂慮に堪えざるものあり」と大逆事件以降の社会主義者たちの動向を分類している。

対象人員数
第二款には視察対象の人数が記されている。「人員は陰謀事件関係者の他の家宅捜索等に拠り新たに多数の者を発見したる為明治四十四年六月末日現在は特別要視察人九百九十四名準特別要視察人九百八十一名」「大正三年六月末日、前者二百五十九名、後者四百二十七名」。

関連の家宅捜索で一時的に増えたが三年後には要視察人が四分の一になり減少している。元々大逆事件における弾圧が大方はフレームアップの上に彼等の家族や周縁の知人にまで家宅捜索をした結果が要視察人の増加となっている。減少するのは当然である。


幸徳の「陳弁書」
「堺利彦は明治四十四年七月一九日附けを以て茨城在住小木曽助次郎へ宛『故幸徳伝次郎が生存中獄中より弁護士に送りたる極めて有益なる書面なれば一読の上返却せられたし』との意味を附記し左の一遍を郵送せり。『幸徳秋水の獄中より弁護士に贈る書』。目次、諸言、無政府主義と暗殺、革命の性質、所謂革命運動、……聴取書及調書の杜撰」と項目がたてられ、続けて長文の本文が全文収録されている。

堺が幸徳の弁護人から幸徳の書を借り受けて筆写したものを送付したと推測できる。幸徳は大審院の休廷日の一二月一七、八日に弁護士宛ての文書を執筆した。無題であるが後に「陳弁書」と言われる。
天皇国家の官憲は郵便局の協力のもとに社会主義者の書簡を開封するという暴挙を継続していたのである。幸徳が刑死して半年、堺利彦は幸徳の思想を同志たちに伝える役割を担っていた。

SBS特別放送
韓国ソウル放送の八月一五日の独立記念特別番組の企画が『日本人の独立運動家』、幸徳秋水、 金子文子、布施辰治を中心に描き、日本人でありながら朝鮮の独立運動に大きな影響を与えた人物のドキュメンタリーとして制作される。私への取材があり文献での全面的な協力を依頼された。その過程で従来研究対象としていた明治学院大学図書館の沖野岩三郎文庫の「千九百十年事件」の巻物を直接閲覧することができた。安重根の肖像写真と幸徳の漢詩のポストカードも貼りつけられていた。

特高
百年前、一九一一年八月二一日、大逆事件を機に警視庁は全国の警察に先駆けて従来の高等課から特別高等課を分離した。内務省警保局が社会主義者等を監視し情報を集めた内部文書の「社会主義者沿革」は「特別要視察人状勢」となった。その一九一一年七月より一四年六月迄の「特別要視察人状勢一班」を叙述した「第四」を引続き引用して行く。(参考文献『社会主義沿革一』みすず書房)。

救援活動
「陰謀事件関係者又は其の遺家族等に対する行動」と題された項目は堺利彦に関する内容である。
〈堺利彦は引続き自己又は同志の名義を以て陰謀事件服役者に時々出版物を送付し、其の家族に対し彼の米国無政府党員「エムマゴ―ルドマン」婦人等より寄贈を受けたる義捐金を分与し又家族の手を経て服役者に出版物を差入れ時に又同事件の記事ある雑誌の類を遺家族に送り、幸徳伝次郎以下刑死者十二名連写の写真を複写して広く之を同志に配布し其の他主義の信念深く不敬罪等に依り入監せる者に向っても亦出版物を郵送したることありしが費用の欠乏を告げるたるものにや明治四五年春頃より此の種の行動を控え居れるか如し而して一派の者等を従え東京に存在する刑死者の墓参を為すは毎年の行事として之を継続せり〉。

これまで引用してきたが堺利彦による家族への救援活動が継続していること、刑死者の写真を複製し同志たちに配布したこと、関連捜索で不敬罪事件にまきこまれた同志たちにも図書の送付という救援活動をなしたことが報告されている。 しかし一九一二年の春には差入れ活動を一段落させたが刑死者の墓参りに関しては続けているとまとめられる。

官憲に察知されずに家族や同志の救援をしたケースもあると思われるが堺の奮闘は一年以上にわたった。

米国からのカンパ
「附記」として二人の在米の無政府主義者の動向が報告されている。
〈在米国桑港無政府主義者村田「某」なる者明治四四年八月二十日頃堺利彦に向け金六十円を寄贈し幸徳伝次郎等陰謀事件関係者の遺族竝在監者へ分配方を委嘱し同時に来四十五年一月二十四日の幸徳等一周年当日は記念の何等かの書籍を出版する旨を以て其の材料送付方をも併せて依頼し来れりと云う〉。
サンフランシスコ在住の村田という人物が堺に救援費用をカンパしたという内容である。また追悼の書籍が刊行された際には送って欲しいという依頼に触れている。

次に幸徳がアメリカ滞在時に間借りしていた家のアルバート・ジョンソンに関して報告が掲載されている。ロシア出身のアナキストである。
〈在米国桑港無政府主義者「アルバート、ジョンソン」元露西亜人にして職業は機関技師なり、幸徳は明治三九年一月より四月下旬迄加藤時次郎の弟時也(無編入)と共に「ジョンソン」方に室借りして居住せり「米国に於ける日本人」…参照)は明治四十四年九月初旬頃堺利彦へ宛幸徳伝次郎に対する香奠として金十円を贈り越せりと云う這は堺に於て幸徳死刑の顛末を記し同人最終の著『基督抹殺論』一部を添えて「ジョンソン」へ送付したるに因るものなりと〉。

堺宛てにジョンソンが幸徳に対する香典を送ったこと、それに対して堺は幸徳が処刑された経緯を書き、幸徳の遺著である『基督抹殺論』を同封して送ったと報告がされている。
[PR]
# by koutokushuusui | 2011-11-24 16:16

管野須賀子の『平民新聞』発行における奮闘

 千駄ヶ谷に移った平民社では新たな活動のスタートもあり活動家の出入りは増えて来た。
『自由思想』発刊の準備と共に実質「冬の時代」の直接行動派にとって再起の運動であった。前年〇八年六月の無政府共産の「赤旗事件」で多くの主要な同志が獄に囚われ、壊滅
状態からの立直しが管野須賀子、幸徳秋水らによって図られたのである。
 
その社会革命への意気込みは前号で紹介をした発刊の序に著されている。しかしこの自由思想を前面に出した運動を天皇国家、明治の専制政府が放置しておくはずはなかった。
 『自由思想』創刊号の発刊からして官憲による妨害を受けた。
百年前、一九〇九年、五月二十五日の創刊のため届け出を出した四月九日からの経緯が創刊号三面に「本紙の発行と迫害」として報告されている。

《最初に届出を済したのが四月九日で、同月廿五日に初号発行の手筈でした。編輯を了へ、校正を了へ、製版さへも了へて、将に印刷に掛らんとする間際に至つて、下の如きことを耳にした「曰く、神田警察署長は印刷会社の社員を呼出して『自由思想』は悉皆差押へることに決したれど印刷者の手より取上げる訳には行かねば、発行所へ引渡すと同時に差押へる手筈である、左れば一枚も散らさぬやう一纏めにして印刷所より車に積で発行所へ運送してくれ、警官は之に尾行し引渡しと同時に差押へることにする」》


と神田警察が印刷所社員に圧力をかけ、差押え「漏れ」が無いように全てを強奪をする手筈にしていたのである。

《「若し先方より受取に来れる人々に渡せば途中より何処かへ持出して隠すやも知れねば、左様のことなきやう依頼する、運送の費用は警察にて負担する云々」といふ趣旨を伝へたといふのでした。》 

 管野は怒る。

「未だ発行もしないのにかくも穏和なものを疾くに差押への準備をしている」
「この日は日曜にも拘らず署長が出勤し、なおかつ警視総監まで来て指揮して居る」
「印刷所の前後五カ所の入口には一人づゝ各袖巡査を配置して印刷物の運搬を見張つて居る新宿署でも、板橋署でも、芝署てせも、夫々数名の各袖を出して警戒させている云々」


と警視総監を筆頭に関連箇所、都心の警察署巡査の応援まで得て印刷所を監視下においているのである。

「兎に角発行は許されない、印刷物を受取れば直ぐ差押へられて、署名人は告発されることだけは疑ふ余地がなかつたので、折角製版まで出来上つた苦辛と労力と時間と費用とを犠牲にして怨みを呑んで印刷を見合せました」

と弾圧を回避するために、いったん編集をした版をあきらめたのである。
 さらに

「吾等がダメだと諦めて引取たにも拘らず、其の翌日は神田署の更科警部が巡査久保某を従へて、印刷所へ出張し校正刷の枚数まで厳重に取調べ、翌々日は宮越署長が印刷会社社長竹内氏に面会を求めて、紙型版を吾等に渡さゞるやう相談し」、

さらに竹内氏が運動に助力する形跡があれば印刷所に数名の各袖巡査をはりつけるという恫喝まで行う弾圧の激しい内容を記している。

「紙型版は遂に吾等の手に受取ることゝなりましたが、又其紙型を外へ持て行て印刷するのでないかといふので、夫は夫は厳重に調べて居ました。差押へられると知れたものを誰がムダな費用をかけて印刷するものですか」

と徹底した機関紙発行への嫌がらせが続いたことを書く。


《甚しきは、幸徳などの書たものは絶対に禁圧する方針だからイクラやつてもダメだと忠告が頻々と来るので、全く断念しやうかと相談しました。しかし法律に触れないものを告
発する訳にはいかない》


と、第二回の計画に取掛ったこと、ようやく印刷所が見つかったが発行日まで幾日もなく原稿の締切りまで三日間しかない顛末を書いている。
『自由思想』二号にいわば平民社日誌となる「ぬきが記」のコーナーがある。管野須賀子は発行までの平民社界

隈の官憲との顛末を語っている。

 十一日に管野は鼻炎の手術をしたことを書いている。

《神田の橘田医師に肥厚性鼻炎を切って貰ふザクリザクリと骨をむしられる様で、余り気持ちの好いものじゃ無いが、少々痛快な感がする》。

 十三日には
「古河君から印刷所が要領を得たとの便りがあり」

と印刷所のめどがつき幸徳が喜んだこと。

しかし十四日の項では

《秋水先生動向として「数日前から歯科医に通って居られた先生、今日は殊に療治が荒かったので終日苦しまれる、然し痛いと口には出さないで『歯を治しておかないと演説ができないからなァ』》

 と歯痛に悩んでいたことを明らかにしている。
 
五月十日

《上野から俥を飛ばして千駄木の友人を訪ふ、車上振返ると書生風のお供が、矢張り俥で追駆けて来るのでウンザリした。》

相変わらず官憲の追尾が徹底していることに触れている。 
 五月二十日

《前夜来抜目なく支度してマンマと警戒の眼を眩まし、雨の中を先生と校正に行く、校正刷りの裏に赤インキで「壮哉、吹き倒す起る吹かるる案山子哉」と書いてあった。ああ此処にも隠れた味方があると嬉しく思ふ》

と、ようやく追尾を避けて校正に行けたことを書く。

 二十二日の項では二人の同志が印刷所へ初号を取りに行ったこと

「無事に刷り上つたのを手にした瞬間の嬉しさ、胸が一杯になつた」

と管野は率直に感想を書いている。届出と活字上の発行日は二十五日であるが官憲を出し抜くため早めに刷らせた。まず発行をすることを最優先とした。 創刊号は政府、官憲の徹底した弾圧、監視下で発行が準備されたわけである。

  アン・ジュングンの項 省略


五月の平民社
 再び百年前の平民社に戻る。合法的な運動、機関紙による表現に対して徹底的な妨害がなされたことが管野、新村忠雄たちが宮下太吉の登場を得て非合法な活動に向かう契機の一つになっている。詳細に渡るが引き続き紹介をして行きたい。
 
 管野須賀子の「ぬきが記」によると五月上旬から周辺の同志にも官憲による監視の強化がされている。抜粋をする。
 
 三日
《竹内、戸恒の両君旅行して館林まで行つた時初めて尾行されて居る事を知つたといふ、呑気な人達哉》

と尾行に気付かずに北関東に行った同志に触れている。

 四日
《奥宮健之氏来訪》

とある。奥宮は社会主義者ではなかったが幸徳と旧知で爆裂弾の構造を幸徳が問い合わせたことで大逆事件の被告の一人とされ処刑された。

 六日

《『法律と強権』秘密出版があったとかで政府がマゴマゴして処々を調べて居る、竹内君などは警察へ呼ばれた上に家宅捜索を受けた、勿論平民社も探君の御来訪を辱ふした》。

クロポトキンの小論文を翻訳し届けずに印刷、発行したことで関連弾圧を受けている。       
 
七日

《竹内、村田の両君の外に、至って意久地の無い女の私にまで今日から警察のお供がつく、癪を抑へて「出世したもんですね」》、

十日

《上野から俥を飛ばして千駄木の友人を訪ふ。車上振返ると書生風のお供が、矢張り俥で追駆けて来るのでウンザリした》

と管野須賀子自身にも五月七日から尾行がつき、平民社メンバーは全員が監視下におかれるようになった。

 一六日に当初の印刷所に官憲の圧力がかかり嫌がらせをさせられ別の印刷所を探すことになった。

一七日に

《早朝裏門から出掛けやうとすると、警戒頗る厳で隙が無い、仕方なしに小島君(尾行)に護衛せられて国木田女史を訪うて帰る》

と監視が厳しいので官憲を同行させざるを得ず、印刷所探しをいったんは諦めている。しかし新たに国文社という印刷所が引き受け二二日に『自由思想』の創刊号を無事に受取っている

伊東博文の罪状
 アン・ジュングンは伊東を狙撃した地、ハルビンにおける一九〇九年一〇月三〇日の取調で狙撃の理由を一五箇条にして述べた。そして一一月三日に移された旅順監獄で内容に異動はあるが三日後の六日に再び語っている。アン・ジュングン主張による「伊藤博文の罪悪」の一部を紹介したい。

「…第三、一九〇五年 兵力を以て大韓皇室に突入。皇帝陛下に五ヶ条の条約を強制した事。第四、一九〇七年、さらに加えて兵力突入。韓国皇室を抜剣して脅かし七ヶ条の条約を強制した後、大韓皇帝陛下を譲位させた事」

 略


 第五からは「韓国内の山林、川沢、鉱山、鉄道、漁業、農商工等業すべてを奪った事。国の財政を枯渇、韓国内地学校の教科書を没収、焼火。幾多の義士が蜂起。国権の回復を望む者を暴徒と称してある者は銃で、ある者は絞めて殺戮。甚だしきは義士の遺族、親戚にいたる全員におよぶも絶えず。奢戮者は十余万人に当たる事。いわゆる韓国政府大臣五賊七賊等、一進会の輩と締結、韓国三千里の国土を日本の属邦となさんと宣言」と「国土と民衆」
を蹂躙した罪をあげている。

「第十四 韓国一九〇五年より都に安日なく、二千万の生霊、声を天に振り上げて哭く。殺戮絶えず。砲声弾雨いまに到ってやまず。然し独り伊藤は、韓国は太平を以て無事と上は明治天皇を欺いた事。第十五、此東洋平和の永続を破傷し幾万々人種は将に未だ滅亡を免れない事」

 国家と帝政を前提にしているが韓国と東洋の平和が侵害されている現実を挙げている。

宮下太吉の試爆
 略

創刊号の発行
 また同年五月の千駄ヶ谷の平民社に戻る。

 官憲は二五日の発行を前提に平民社に対して監視を厳しくしていた。

二十三日には

《熱心なる五、六名の諸君来遊、さまざまな活劇がある》、

二十四日は

《平民社騒然となる。活劇の評判が聞えたのか同志諸君が続々様子を聞きに見へる。夜△君が門を出ると「其風呂敷包は何だ」と巡査が調べる、何でも無い朝日新聞だつたので極り悪さうに引込んだ、十一時頃○君と×君を又調べる×君大に憤慨して荷物の風呂敷包を押拡げ、冷罵嘲笑二人の巡査を顔色無からしめて悠々去る》。


 平民社への出入りが全て検問を受け所持品のうちとくに印刷物が厳しく調べられ、それに抗して同志と官憲との「騒動」となったようである。
 
続けて

《此数日来数人の同志の苦心惨憺たる活動は到底筆紙に尽し難し「口より耳に」以外は沈黙日本も露国化する》

と記され、届け出三日前に印刷済みの創刊号を官憲に悟られずに持出した同志たちの奮闘を暗黙に語っている。 
 最初の版が紙型まで廃棄させられたことへの怒りと表現の自由を守るという立場で同志たちが見事な連携の活動をとったのである。


『自由思想』の差押え
 

二五日に

《初号発行の当日なり△予て用意の「平民社」の看板を懸け早朝から室を清めて差押えを待つ……新宿署の高等刑事徳元君が差押さえ命令書を携え来り残部八十六部押収して帰る秩序壊乱で発行兼編集人の私は告発された、国木田治子女史発行のお祝いを持って来て下さる、帰途例の通り巡査に捉って「これはオモチヤですよ」》

と押収されたことを報告している。しかしすでに発行日までに創刊号を予約者たちに手渡し、発送も済み、残部が八十六部しかない状況で官憲の押収を待ち構えていたことを明らかにしている。

二十六日の項には

《『自由思想』注文が来る、買いに来る人がある、数人の同志が発売禁止の見舞いに来て下さる》。


平民社への検問体制
 

二七日には


《今日から来客の荷物を調べず一々姓名を調べることになつた》


とすでに配布されてしまった創刊号の所持のチェックはさすがにあきらめている。三十日になると

《向ふの貸家へ巡査が引越して来た》

と実質の検問所までが設置されている。
 

 三十一日に幸徳は新宿署、管野は警視庁へ喚ばれ

《新聞紙法改正に就いて詰らないお達しを受ける為めなり》と恫喝が続く。

『それから』への描写

 夏目漱石は一九〇九年六月から十月まで(執筆は八月まで)『東京朝日新聞』と『大阪朝日新聞』に連載した小説「それから」にこの官憲の監視状況を描いている。
 連載開始は二七日であるが、六月七日、八日に幸徳の友人である朝日新聞の記者杉村楚人冠こと廣太郎が幸徳訪問記を「幸徳秋水を襲ふ」と題し三面に署名記事で書き、幸徳から指摘された官憲の監視の様子を記述している
 漱石は直接、杉村から聞いたのか、また『自由思想』を読む機会があったのかもしれない。
 小説中の会話部分を引用する。朝日新聞には九月上旬に掲載されている。

『それから』
「平岡はそれから、幸徳秋水と云ふ社会主義の人を、政府がどんなに恐れてゐるかと云ふ事を話した。幸徳秋水の家の前と後に巡査が二三人宛昼夜張番をしてゐる。一時は天幕を張つて、其中から覗つてゐた。秋水が外出すると、巡査が後を付ける。万一見失ひでもしやうものなら非常な事件になる。今本郷に現はれた、今神田へ来たと、夫から夫へと電話が掛つて東京市中大騒ぎである。新宿警察署では秋水一人の為に月々百円使つてゐる。同じ仲間の飴屋が、大道で飴細工を拵えてゐると、白服の巡査が、飴の前へ鼻を出して、邪魔になつて仕方がない。」

 杉村「幸徳秋水を襲ふ」

「九人の同志尽く獄に下つて己れ独り孤塁に拠つた無政府主義の大将幸徳秋水君を試みに平民社に訪ふ、千駄ヶ谷九百三番地と聞いた許りで八幡知らずの様な町町を尋ね廻つてやつと其家を探し当ると幸ひに自宅にいたことは居たが大将座敷の真中へ床を取つて寝ている、
 僕の顔を見るなり秋水君づかづかと起きて僕を玄関口迄連れて行く、おい一寸彼れを見て呉れと指さす所を見れば、街道を隔てた此家の前の畑の中に天幕が立つて紅白だんだらの幕が下つて居る、之が巡査の詰所で此処で秋水君の一挙一動来訪者の誰彼尽く見張られて居るのである、何んでも始めの頃は野天で立番して居たものだが夜中や雨の折が困ると思つてか近頃此の天幕が出来た、巡査は昼夜の別なく四人掛りの見張通しで、其中二人し此の天幕に、後の二人は家の後の原の中へ蓙を敷て張番しているとのことだ、此の巡査の手不足な折柄に一幸徳秋水の為に四人の巡査が掛り切とは余りとしても贅沢すぎる……」


巡査の誰何

「巡査が尋ねて来る人の姓名を一々誰何する」、幸徳の同志を「尾行をする」、「同志である車夫の野沢、飴屋を始めた渡邊という友人、高島という書物屋(ほんやとルビがあり、出版社を経営している高島三申のことか)の親父は尾行と親しくなる」。

「此等東京中の注意人物には行幸啓中もある折特に厳重に其の挙動を監視することになつて必ず一、二名宛の巡査を一人一人につける『皇室に危害を加へる恐れがあるとでも思つているのだらうが誰がそんな馬鹿な真似をするもんか』と秋水君は笑つた」


 と、この一年後に大逆罪で囚われることは予測できずに語っている。この時点で杉村は幸徳への取材という形をとり日本という天皇国家が監視国家であることを読者に伝えている。

社会主義概観
 翌日の後編では社会主義研究の歴史が七、八年前に始まったこと、

「日露戦争の時に『平民新聞』が出来、社会主義の運動としては之が日本で真最初のものであつた」

 ことが書かれ、幸徳の渡米に触れつつ、今日は片山潜の社会民主主義と幸徳の『自由思想』を機関とした無政府共産主義の二派ばかり、同志たちの入牢、警視庁の厳重な取締、自由思想発行に対する弾圧があり大同団結で同志は幸徳と行動を共にすることになつて来たといふ」と幸徳との懇談を伝える。

「社会主義と無政府主義の異同優劣などに就て僕等はやゝ暫く問答もすれば議論もして見た、が併し僕は今夫を一々此に書いて朝日新聞社の前に天幕を立られるのを待つ勇気はない」と皮肉も込めた記述が続く。
 
二葉亭四迷
 二葉亭四迷の客死の話題が出て、杉村は

『君も桑港辺で死んでいたら今頃はえらいものに祭り上げられて居たらう』と言へば『いや祭り上げられるより生きてる方が宜い、夫にしても金が欲しいなァ』とつかぬことを言ひ出す。
 二葉亭は近代文学の先駆者として言文一致の小説『浮雲』を執筆。朝日新聞に入社し小説を連載、〇八年に東京朝日新聞の特派員としロシアに赴任したが滞在中に病気になり帰国途中の船内にて死去。
 幸徳は〇六年、七年にサンフランシスコを訪問し滞在した。現地か帰国途中で病死をしていれば社会主義者の先駆者として大きく報道されいっそう名があがったのにと杉村は幸徳をからかっている。

死生
 しかし、この一年半後に幸徳は獄中からこの杉村の戯言に対して真剣に触れざるを得なかった。幸徳は

「私は死刑に処せらるべく、今東京監獄の一室に拘禁せられて居る」

と『死生』のテーマで語り

「一昨年の夏、露国より帰航の途中で物故した長谷川二葉亭を、朝野挙って哀悼した所であった、杉村楚人冠は私に戯れて、『君も先年米国への往きか帰りかに船の中ででも死んだら偉いもんだったがなア』と言った。彼れの言は戯言である、左れど実際私としては其当時が死すべき時であったかも知れぬ、死処を得ざりしが為めに、今の私は『偉いもんだ』にならないで『馬鹿な奴だ』『悪い奴だ』になって生き恥じを晒して居る、若し此上生きれば更に生恥じが大きくなるばかりかも知れぬ」
と自戒をこめて語っているのである。

為すべきことを為す前に天皇国家によってフレームアップされた悔しさもある。

巡査を誰何
 平民社から杉村が帰るときの官憲への対応が描写されている。
「いざ帰らうとすると秋水君停車場迄送つてやらうといふ、乃ち連れ立つて今度は裏の木戸から出る、木戸の外に成程蓆が一枚敷いている。巡査の張番する所だ」

と誰も居ないので
「今の間に潜と出てやらうぢやないかと囁きながら五六間行き過ぎると『オイだめだ来た来た』と秋水君が笑ふ、ふり顧れば如何にも麦藁帽子を被つた一人の男が宙を飛んで駆けて来る、僕等は委細構はず新宿の方へ一二丁も歩いた後又後をふり向くと之はしたり何時の間にか追駆て来た男が二人になつている」

 いったんは官憲を出し抜いた。しかし追いつかれ杉村への誰何が行われた。

「電車に乗らうとすると処で初めて一人の男が怖々と僕に近いて『お名前は』と来た、僕よりも先君の名乗をこそと言へば懐かい探つて手帳を見せる、新宿警察署巡査海老澤何某書いてある、『確な人だよ』と幸徳君が言葉を添へる、何方が調べられてるのだか分らなくなつて了つた、」ところが杉村は逆に誰何をしたのである。

幸徳が逆に巡査の身分を認めたというエピソードで平民社訪問記を締める。

『自由思想』二号

 第二号は早くも六月十日に発行され、「平民社より」で管野須賀子は記している。

《何しろ秘密出版が続々顕はれるので、政府のお役人も余程狼狽されたと見へまして、重なる同志には、近来総て尾行がつく様になり、殆ど手も足も出されないといふ始末で厶います。……物数奇な日本政府は斯くして多くの謀反人を製造して呉れるのでございます》

《初号を出し抜かれた腹癒せといふのでも厶いますまいが、本社などは其以来、昼夜交代で四人づゝの角袖が、八つの眼を光らして警戒して居ります、表口に二人、裏口に二人》(註 「厶」は「ござ」と読む)。

《本社と往来を隔てゝ其の屋敷がございます、数日前そこの生垣が破られて入口が出来、紅白の幕引廻した一間に一間半ぱかりの天幕が張られたので、オヤオヤ園遊会でもあるのかナと見て居りますと、其中へ籐椅子と床几が運ばれて、警戒のお役人がちやんと控へられたので少々呆気にとられました》

《一行紙片の印刷をもさせない、妨害しやうといふ政府の眼を掠めての仕事で御座います上……》と管野の一文を読めば漱石の描写は正確であることが判る。漱石の参考文献は『自由思想』であることが推測される。

 また「ひとさまさま」という同志たちの消息欄があるが、そこで渡邊政太郎に関する項があり

《旧社会主義同志会の驍将なる氏は近頃飴屋となりて太鼓を叩き市中を行商せり一名の巡査は常に此飴屋さんに尾行して市中を廻れり護衛つきの飴屋は神武以来蓋し之を以て嚆矢とす》と記述がある。
 
 国民作家となる漱石の関心をひくほど過剰な監視がされていたわけである。渡邊は杉村にも言及をされていた同志である。

平民社の様子
「平民社を訪ふ」と題された訪問記が『自由思想』創刊号に掲載されている。

筆者は霜堂という号、本名は不明。

「此志島中将、金森通倫、横井時雄、建部遯吾などいふ世に時めく人々の大厦高楼の列なる中に、秋水の家は相変らず見すぼらしい朽ち果てた黒板塀で、夫れでも門構への一軒立ちだ、」と周囲は当時の軍人、文化人の家が並んでいることを報告

「玄関の三畳には、カールマルクスの像が来客を威し付けるやうに掛つて居る、無政府党になつたと聞て居る男の家にマルクスの看板はおかしい、日本では社会民主党と無政府党とが連携して運動して居る、不思議な現象だ」

と主義の違いを理解している。

「玄関を抜けると、意外に広い庭に面した縁側で、手前が六畳、奥が八畳、六畳は同志の談話室だとかで、一貫張の小机を中に三四人の書生らしい人と職人らしい人が愉快さうに何か話して居た、是れが革命家といふものかナと思つた」

と同志たちの様子を描写している。

「八畳に呼込れた、秋水の書斎兼寝室らしい、……此机は張継の遺物で、奇麗な書棚は神川女史のだといふ、聞て見れば皆な借物だ」「六畳にはクロポトキンの小さな像、八畳にはバクーニンの大きな大きな額がある、」

と細部の様子と主義に関わる品物に触れている。  

一九〇九年秋
 百年前、一九〇九年の秋にハルビンではアン・ジュングンが伊藤博文を射殺し、長野では宮下太吉が天皇打倒のための爆裂弾を準備していた。夏目漱石は後に小説「門」で伊藤が射殺されたことを登場人物を通して触れるが、この年、秋まで『朝日新聞』に連載をしていた小説「それから」では千駄ヶ谷の平民社、幸徳たちへの天皇国家による監視体制に関し言及する。



 略


監視の強化

 平民社への監視体制は前年六月の杉村楚人冠の訪問時より一段と強化されていた。

 初期の社会主義者で幸徳秋水の友人でもある吉川守圀が活動の回顧録

『荊逆星霜史』一九三六年《五七年、青木文庫版》

において平民社訪問時の様子を描写している。吉川が平民社を一〇年一月に訪ねた際、来た時と帰る時に身体検査を受けているのである。
 
[PR]
# by koutokushuusui | 2011-07-12 19:49

12名の遺体引取り

d0241493_1983314.jpg


d0241493_1981481.jpg



d0241493_1985464.jpg



d0241493_20323178.jpg


上記記事の拡大コピーをスキャン、クリックすると少し拡大、読めるかと思います。

d0241493_20324411.jpg

[PR]
# by koutokushuusui | 2011-07-12 19:09

1911年1月18日

d0241493_1155679.jpg



幸徳事件大審院判決  抄

全文ではない。幸徳秋水に関わる「理由」を中心。いずれ全文をアップ。 2004年9月

理由

1904年 幸徳は夙に社会主義を研究して北米合衆国に遊び、深く其他の同主義者と交り、遂に無政府共産主義を奉ずるに至る。その帰朝するや専ら力を同主義の伝播に致し、頗る同主義者の間に重ぜられて隠然その首領たる観あり。

管野スガは数年前より社会主義を奉じ、一転して無政府共産主義に帰するや漸く革命思想を懐き1908年世に所謂錦輝館赤旗事件に坐して入獄し、無罪の判決を受けたりと雖も、忿伊恚の情禁じ難く心ひそかに報復を期し、一夜その心事を幸徳に告げ、幸徳は協力事を挙げんことを約し、且つ夫妻の契りを結ぶに至る。その他の被告人もまた概ね無政府共産主義をその信条となす者、若しくは之を信条となすに至らざるもその臭味を帯びる者にして、その中幸徳を崇拝し若しくは之と親交を結ぶ者多きに居る。

1908年6月22日 「錦輝館赤旗事件」と称する官吏抗拒及び治安警察法違反被告事件発生し、数人の同主義者獄に投ぜられ、遂に有罪の判決を受くるや、之を見聞したる同主義者往々警察吏の処置と裁判とに平ならず、その報復を図るべきことを口にする者あり、爾来同主義者反抗の念愈々盛にして、秘密出版の手段に依る過激文書相次で世に出で、当局の警戒注視益々厳密を加うるの已むを得ざるに至る。ここに於て被告人被告人共の中、深く無政府共産主義に心酔する者、国家の権力を破壊せんと欲せば先ず元首を除くに若くなしとなし、凶逆を逞(たくまし)うせんと欲し、中道にして兇謀発覚したる顛末は即ち左の如し。

第一

1908年6月22日錦輝館赤旗事件の獄起るや、被告幸徳は時に帰省して高知県幡多郡中村町に在り、当局の処置を憤慨してその後図をなさんと欲し

1908年7月 その訳する所の無政府共産主義者ペートル・クロポトキン原著『パンの略取』と題する稿本を携え上京の途につき、迂路和歌山県東牟婁新宮町の大石を訪問 成石平四郎、高木顕著明、峰尾節堂、崎久保誓一と会見

「政府の迫害甚しきにより反抗の必要なることを説き、越えて8月新宮を去りて

(1908年8月)箱根林泉寺の内山愚童を訪問

「赤旗事件報復の必要なること」を談じ

帰京の後東京府豊多摩郡淀橋町柏木に卜居し

次で同府北豊多摩郡巣鴨に転住し

「同主義者に対し常に暴力の反抗の必要」なる旨を唱道せり。

1908年9月 森近、坂本は巣鴨幸徳宅に客居

初め森近は無政府共産主義を奉じ、大阪に在りて『大阪平民新聞』或は『日本平民新聞』と称したる社会主義の新聞を発行し、また定時茶話会を開き無政府共産説を鼓吹す。

たまたま宮下心を同主義に傾けたるも、皇室前途の解決について惑う所あり

1907年12月13日 宮下太吉、森近を大阪平民社に訪うてこれを質す。

森近「即ち帝国紀元の史実信ずるに足らざることを説き、自ら宮下をして不臣の念を懐くに至らしむ。

その後宮下は内山愚童出版の『入獄紀念・無政府共産』と題する暴慢危激の小冊子を携え、東海道大府駅に至り、行幸の鹵簿(ろぼ)を拝観する群集に頒与し、且つこれに対して過激の無政府共産を宣伝するや

 衆みな欣聴するの風あれども、言一たび皇室の尊厳を冒すや、また耳を藉す者なきを見て思えらく、「帝国の革命を行わんと欲すれば先ず大逆を犯し、以て人民忠愛の信念を殺ぐに若ず」と。

「ここに於て宮下は爆裂弾を造り大逆罪を犯さんことを決意」し、

1908年11月13日その旨を記し且つ

「一朝東京に事あらば直ちに起ちてこれに応ずべき」

旨を記したる書面を森近に送り、

森近はこれを幸徳に示し、且つ

宮下の意志強固なることを推奨したるに、幸徳はこれを聴き喜色あり。

1908年11月19日 大石、幸徳訪問。

幸徳は森近、大石に対し、

「赤旗事件連累者の出獄を待ち、決死の士数十人を募り、富豪の財を奪い貧民に賑し、諸官街を焼燬し、当路の顕官を殺し、進んで宮城に逼りて大逆罪を犯さんと意志のあることを説き、予め決死の士を募らんことを託し」

森近、大石はこれに同意したり、

1908年11月中 松尾卯一太も幸徳を訪問

幸徳より前記の計画あることを聴て、均しくこれに同意したり。

幸徳は更にその顛末を新村忠雄及び坂本に告げ、特に坂本に対しては各地を遊説して決死の士を募るべきことを勧告したり。

新村は幸徳より無政府共産主義の説を聴てこれを奉じ、深く幸徳を崇拝す。

曽て群馬県高崎に於て『東北評論』と称する社会主義の新聞を発行し、その印刷人となりて主義の鼓吹に努め、信念最も熱烈なり。

1908年春頃より 坂本清馬、幸徳方出入り、その後『熊本評論』に入り、赤旗事件以後上京

幸徳方を去り宮崎県に往き、或は熊本県松尾卯一太方に寄宿

松尾、飛松与次郎等に対し暴慢危激の言を弄し、各地を放浪

1910年3月 佐藤庄太郎を東京市下谷区万年町2丁目の寓居を訪問、爆裂弾の製法を問えり

1908年12月 幸徳は『パンの略取』を出版

管野すが 近日当局の主義者に対し圧抑益々甚だしいと憤慨

「爆裂弾をもって大逆罪を犯し、革命の端を発せんと欲する意志を抱き、幸徳を巣鴨に訪ねこれを謀る、幸徳は喜んでこれに同意し、協力事を挙げんことを約し、且つ告ぐるに宮下太吉が爆裂弾を造りて大逆を行わんとする計画あること。及び事起るときは紀州と熊本に決死の士出づべきことをもってせり。

1909年1月14日 愚童は上京して幸徳を訪問、幸徳は欧字新聞に載せたる爆裂弾図を愚童に貸与し、坂本と共にこれを観覧…



▲愚童と管野

★宮下関連

1909年2月13日 宮下太吉、幸徳訪問し「逆謀」を告ぐ、幸徳「故さらに不得要領の答をなし」

宮下去るに及んで幸徳、スガ及び忠雄に語り、太吉の決意を称揚

宮下、森近を訪問「逆謀」を告ぐ

5月中、亀崎の松原徳重より爆裂弾の製法を聞く

6月明科に転勤、7日、幸徳訪問

幸徳、管野は新村忠雄、古河は各勇敢の人物なることを説き、これを宮下に推薦したり。

その後宮下は明科製材所に在りて同僚の職工等に対し無政府共産説を鼓吹し、

▲7月薬品の購入

また書を新宮町大石方に奇遇せる新村に寄せてその逆謀に同意せんことを求め、且つ塩酸加里の送付を乞う。

8月1日更に書を発してこれを促し、遂に

8月10日に新村より送致したる塩酸加里1ポンドを受領したり。

1909年4月以来新村忠雄は大石方に往き薬局の事務を補助、峰尾節堂、高木顕明等に対し「…大逆を行わんに若かず」との激語を放ち、殊に成石平四郎とは意気相投合し



1909年9月上旬、新村は帰京幸徳方に寓居、「1910年秋季爆裂弾を用いて大逆罪遂行」



1909年9月下旬 奥宮健之は幸徳方を訪問

1909年10月  再来訪

10数日後 幸徳に爆裂弾の製法を通知

1909年10月上旬 幸徳は古河を招致、『自由思想』印刷人

…宮下関連

★1909年10月12日 宮下、薬研入手

11月3日 爆裂弾、試みに投擲

12月 新田融に鉄葉小缶を造らしめ

12月31日 幸徳、訪問

1910年1月1日 幸徳方、4人会合

1月23日 古河、幸徳を訪問、幸徳は病気で寝ていた

管野、新村と秋季逆謀の実行協議

1910年3月 幸徳は「且つその躬親(みみずから)ら逆謀実行の任に当るを不利とする念を生じ」湯河原に赴き

1910年3月 幸徳は管野と共に湯河原に赴く

1910年4月 管野は長野県に在る新村に爆裂弾の再試験を勧告

1910年5月1日 管野は帰京、千駄ヶ谷増田方に寓す

1910年5月17日 新村も帰京、管野、新村、古河は管野の寓居に相会し大逆罪実行の部署を議し、抽籤

1910年4月中 宮下は新田に鉄葉缶24個を造らしむ

1910年5月8日 宮下は万一の事あらば古河力作に転送

1910年5月21日 鍛冶工場、汽機室内に隠匿、事発覚

第二

1906年 (大石は久しく社会主義を研究、無政府共産主義を奉じ)上京、幸徳と相識り、爾来交情頗る濃なり。

1906年頃より 成石平四郎は大石の説を聴き所蔵の新聞雑誌、書籍を借覧、自ら購読、無政府共産主義に入り

1906年頃より 高木顕明は社会主義に関する新聞雑誌等を読み大石宅に出入り社会主義者に交りようやくこれに感染

1907年頃より 峰尾節堂は社会主義の書を読み大石と交りて無政府共産主義に入り

1907年4,5月以来 崎久保誓一は大石より社会主義に関する新聞雑誌を借覧、無政府共産主義に帰し

成石勘三郎は弟平四郎の所蔵する社会主義に関する文書を読みて無政府共産主義の趨向にあり。

……

1908年7月 幸徳が新宮町に来訪するや…大石は…成石平四郎、高木、峰尾、崎久保を招集して共に幸徳より当局の圧迫に対する反抗の必要あることを聴き、また大石はその反抗手段について特に幸徳と議する所あり。

1908年11月19日 幸徳宅に於て幸徳が大石及び森近運平に対し赤旗事件連累者の出獄を待ち、決死の士数十人を募りて富豪を劫掠し、貧民に賑恤し、諸官衙を焼き、当路の顕官を殺し、進んで宮城に迫り大逆を犯すべき決意あることをツ告ぐるや、大石は賛助の意を表し帰国して決死の士を募るべきことを約す。

1908年11月末 大石は帰県の途次京都を経て大阪に出て、武田九平、岡本穎一郎、三浦安太郎等に会見して幸徳の病況を告げ、且つ逆ぼうぎの企図を伝えてその同意を得、帰県の後

1909年1月に至り、成石平四郎、高木、節堂、誓一を自宅に招集して、幸徳と相図りたる逆謀を告げ、これに同意せんことを求む。

成石平四郎等四人は当時既に皇室の存在は無政府共産主義と相容れざるものと信じ、奮て大石の議に同意し、一朝その事あるときは各決死の士となりて参加すべき旨を答えたり。

成石勘三郎は薬種商にして、かつ煙火を製造したることもあるを以て、成石平四郎は前示逆謀に使用すべき爆裂弾製造の研究を依頼し、勘三郎はその情を知りてこれを諾し、

1909年4月以来和歌山県東牟婁郡請川村大字耳打の自宅に於てその研究に従事し、まず所蔵の鶏冠石、塩酸加里を調合して紙に包み、熊野川原に於て爆発の効力を試みたれども成功せざりしを以て

7月18日新宮町に往き、当時大石方に客食したる成石平四郎と共にこれを大石に告げ、再試験をなさんがため原料の付与を乞う。

…薬品の調合…の件

成石勘三郎は平四郎、大石、新村を新宮町養老館に招請す。

四人会食して大逆罪の計画談あり

1909年8月…宮下への塩酸加里送付の件

新村の大石方寄食は4月1日より8月20日に至る。

その間、平四郎、高木、峰尾は新村と交りて不敬危激の言を以て逆意を煽動せられ、なかんずく平四郎は忠雄と意気相許し、且つ当時事情ありて厭世の念を生じ、新村と相約して他の同志者の去就を顧みず挺身して大逆罪を遂行せんことを図りたり。然れども平四郎は幾何ならず帰省して疾に罹り、新村も急に帰京したるをもって事遂に止みたり。

第二終わり

第三

1904,5年頃より 松尾卯一太は社会主義を研究

1908年夏以来無政府共産主義に入り幸徳伝次郎と文書を

往復

1908年6月 新美卯一郎は幸徳に書を寄せてその説を叩き、遂に無政府共産主義に帰向するに至る。

1907年6月 熊本市に於て松尾、新美は協力して『熊本評論』を発刊、過激の説を掲載、無政府共産主義を鼓吹する所あり

1908年 赤旗事件起るや新美は事をもって上京幸徳、その他主義者を訪問、赤旗事件の公判を傍聴★「連累者の言動を壮快なりとなし」帰国の後幾何ならずして『熊本評論』は発行禁止の命を受くるに至る。ここに於て松尾、新美は甚だこれを憤慨し、「これ政府が無政府共産主義を圧迫するものなれば、主義を実行せんと欲すれば、暴力に頼りて国家の権力関係を破壊するを要す、大逆も敢えて辞すべきに非ずとの念」を生じ、松尾はしばしばその意を新美に洩せり。

1908年 11月 松尾上京、幸徳を巣鴨に訪問、赤旗事件連累者の出獄を待ち、決死の士数十人を募り、富豪の財を奪い貧民に賑し、諸官街を焼燬し、当路の顕官を殺し、進んで宮城に逼りて大逆罪を犯さんと意志のあることを聴き、これに同意して決死の士を養成すべきことを約し、

1908年12月 熊本市堀端町の自宅に於て新美にその計画を告げ新美はこれに同意したり。

1908年5月頃より、佐々木道元は松尾の勧誘によって社会主義を研究、松尾、坂本等の鼓吹に遭い、無政府共産主義を奉ずるに至り、

1909年1月、松尾が熱烈なる志士養成の必要あるをもって協力事に従うべしと激励するや、道元は頗る感奮する所あり。

1909年3月、飛松は松尾の勧誘により、『平民評論』の編集兼発行人となり松尾、新美の説を聴いて無政府共産主義の傾向を有するに至る。……

第三終わり

判決書 第四

内山愚童

1907年頃より社会主義を研究

1907年6月、赤旗事件の獄起り、…憤慨し

1908年10月、11月赤旗事件入獄記念として、『無政府共産』を秘密出版

「暴慢危劇…不臣の心情掩うべからざるものあり」

1908年8月12日、幸徳は上京の途次、被告愚童を箱根林泉寺に訪い、赤旗事件の報復必要なることを説き、愚童は9月以降しばしば上京し…伝次郎に対し『パンの略取』に記するが如き境遇を実現すべ方法を問い、「総同盟罷工或は交通機関の破壊その他の方法により、権力階級を攻撃するにあり」との説明を得、

1909年1月14日伝次郎を東京府豊多摩郡巣鴨町に訪うや、坂本清馬と共に欧字新聞に載せたる爆裂弾図を借覧し、清馬は「此の如き爆裂弾を造りて当路の顕官を暗殺する要あり」と言い、愚童は不敬の語をもって「皇太子殿下を指斥し、むしろ弑逆を行うべき」旨を放言し、

翌15日管野すがを東京府豊多摩郡淀橋町柏木の寓居に訪い、すがは「若し爆裂弾あらば身命を抛て革命運動に従事すべき」意思あることを告げて同意を求むる状あるを見て、愚童は予すでにダイナマイトを所持せり、革命運動の実用に適せざるべきも、爆裂弾研究の用に資するに足るべしと答え、且つ革命の行わざるべからざる旨を附言せり。

……

1909年1月16日同主義者田中佐市を横浜根岸町に訪い、佐市及び

金子新太郎、吉田只次等に対し、「東京の同志者は政府の迫害を憤慨し、且つ幸徳伝次郎の余命幾何もなき状にあるをもって、近き将来に於て暴力革命を起さんと決心せり。その際大逆を行わんよりはむしろ皇儲を弑するの易くして効果の大なるに若かず、決死の士五十人もあらば事をなすに足らん。伝次郎及び誠之助は已に爆裂弾の研究に着手せり。この地の同志者は一朝東京にに事起らば直ちにこれに応ぜざるべからざる地位にあり、卿等その準備ありや」と説き、その賛同を求めたれども佐市等の同意を得る能わずして去る。……その後4月被告愚童は事をもって越前永平寺に往かんと欲し、途次16日石巻良夫を名古屋市東区白壁町に訪い、「東京の同志者は政府の迫害に苦しみ、幸徳、管野等は暴力革命を起す計画をなし、紀州の大石もまたこれに与り、大阪方面にも3,4の同志ありて大石と連絡成れり。暴力革命には爆裂弾の必要あり、幸徳の宅には外国より爆裂弾の図来り居り、横浜の曙会や紀州の大石等は爆裂弾の研究をなし居り、幸徳、管野は爆裂弾あらば何時にても実行すべしと言い居れり、一朝革命を起せば至尊を弑せんよりは先ず皇儲を害するを可とす、この地の同志者の決意如何」と説き、もってその同意を促したれども、また志を得る能わず。去りて永平寺に赴き用務を了し、帰途更に大阪に出で、

5月21日武田久平を大阪市南区谷町6丁目に訪い、久平及び三浦安太郎に会見し、前掲横浜及び名古屋に於てなしたる勧説の趣旨と同一のことを説き、久平及び安太郎の同意を得、その翌

22日神戸市夢野村快海民病院に行き、岡林寅松、小松丑冶に対してまた同一趣旨の勧説を試みてその同意を得、且つ爆裂弾の製造方法について寅松、丑冶の意見を徴したり。

愚童の項終わり

第五 大阪関連

1908年6,7月 武田九平、無政府共産主義に帰し

1907年6,7月より 岡本穎一郎は森近運平と相交わり無政府共産主義に入り

1907年夏以来 三浦安太郎は無政府共産主義を奉ず。

1907年7月 武田は森近と共同して大阪平民新聞、日本平民新聞を発刊、自宅に平民倶楽部を設け

1907年11月3日 森近主催、幸徳の歓迎会、武田、岡本、三浦臨席

1908年9月中 岡本は平民倶楽部茶話会、皇帝少しも尊敬すべき理なし…不敬

1908年11月 武田は内山の送付したる『入獄記念・無政府共産』を岡本、三浦に頒与し

1908年11月下旬 大石大阪に投宿、武田、岡本訪問、三浦遅れて訪問、逆謀を説示され同意

1909年5月21日 内山、武田を訪問、三浦が迎える、武田合流

内山は「幸徳、管野は病、爆裂弾あらば何時にても実行すべしと意あり、幸徳宅には外国より爆裂弾の図到来し、横浜の曙会、紀州の大石等は爆裂弾の研究をなし居り、一ヶ所に5,60人の決死の士あらば事を挙ぐるに足るとの説を聴き、且つ内山が皇儲弑害の策を告ぐるや、三浦は已に主義のため死を決して当地の同志者にその意を漏したる旨言して賛同の意を表し…

第六 神戸関連

1904,5年 岡林寅松は非戦論を是として社会主義に入り後一転して無政府共産主義に帰す。

1904年以来 小松丑冶は社会主義を研究し、1907年に至りて無政府共産主義に入る。

1904年中 岡林、小松は『赤旗』と称する雑誌を発刊せんと図りたるも故ありて中止

1907年11月3日 大阪での幸徳歓迎会に小松出席

1908年11月 岡林、小松『入獄記念・無政府共産』を内山より

収受

1909年5月22日 内山は岡林、小松を神戸に訪問「皇儲弑害の策」を唱え賛同を促す、岡林、小松は難色を示すもこれに同意、爆裂弾の製法を問う、岡林は「リスリンを用いれば可」、小松は「硫酸とリスリンをもって製すべし」と答うるに至りたり。

第七 新田融

第八 新村善兵

     
[PR]
# by koutokushuusui | 2011-06-30 11:06

宮下太吉  其の一

宮下太吉

<聴取書及調書の杜撰>

第一、検事の聴取書なるものは何と書いてあるか知れたものではありません…大抵、検事がこうであろうと言った言葉が私の申し立てとして記されてあるのです。…私は検事の聴取書なるものは殆ど検事の曲筆舞文、牽強付会で出来上がっているだろうと察します。…

幸徳秋水「陳弁書」 より

大逆罪弾圧とフレームアップ

 明治政府を打倒する1910年の無政府主義者による革命は、幸徳秋水を理論的、精神的支柱とし、管野すが、宮下太吉、新村忠雄、古河力作を闘争主体とし、当時の天皇ムツヒトを爆裂弾のターゲットにし開始せんとする構想であった。
  だが、そこへ達する遙か前、実行に向けた意志も希薄になりつつある状況のなか革命の武器としての爆裂弾製造のプロセスが国家権力の治安警察に察知され、1910年5月宮下太吉らの逮捕に始まり、彼女、彼らの活動、交流から多くの社会主義に弾圧が拡大した。  

 構想のなかで具体化していたのは、爆裂弾製造のための材料集め、(試爆は一回行なわれているが完成品は存在していなかった)ムツヒトの乗る馬車へ爆裂弾を投擲する順番だけであった。

 ゼネスト、人々の決起、治安権力との対峙、……武装蜂起から権力奪取なのか?当事者が直接残した文章はない。
  当時、幸徳秋水自身は労働者によるゼネラル・ストライキから社会革命を目指すという直接行動を主張し始めていた。しかし、赤旗事件による同志への実刑弾圧、『麺麭の略取』を秘密出版せざるを得ない状況、『自由思想』発行に対する国家権力による妨害、と活動を封じ込められ、管野すが、新村忠雄による武装闘争から革命を目指すという立場を容認しつつあった。

  大審院がフレームアップした首謀格、幸徳秋水(伝次郎)の「大逆」の意図を『判決理由』から抜粋すると以下の物語となり「11月謀議」となる。

「11月19日東京府北豊多摩郡巣鴨町伝次郎(幸徳)宅に於て、伝次郎が誠之助及び森近運平に対し赤旗事件連累者の出獄を待ち、決死の士数十人を募りて、富豪を劫掠(こうりゃく・財を奪い)し貧民に賑恤(しんじゅつ・賑し)諸官街を焼燬し、当路の顕官を殺し、且つ進んで宮城に迫りて、大逆罪を犯す意あることを説き、予め決死の士を募らんことを託し、運平(森近)、誠之助(大石)は 之に同意したり………」「11月卯一太(松尾)もまた上京して伝次郎を訪問し、伝次郎より赤旗事件連累者の出獄を待ち、決死の士数十人を募り、富豪の財を奪い貧民に賑し、諸官街を焼燬し、当路の顕官を殺し、進んで宮城に逼りて大逆罪を犯さんと意志のあることを聴き、これに同意して決死の士を養成すべきことを約し……」

 このストーリーは幸徳がパリ・コミューンや1905年のロシア革命での労働者の決起を雑談で同志に話したのが、予審でフレーム・アップされ、さらに大石、松尾が新宮、熊本に戻り同志に東京での「幸徳の革命をめぐる雑談」として伝えたことがさらなるフレームアップにつながったのである。

 大審院検事局の公訴事実が記録としては「隠された」ままであるが、平出弁護人が『特別法廷覚書』で骨子を記述している。その立会い検事平沼騏一郎の論告(1910年12月25日)は1908年11月、巣鴨平民社での、それぞれ別の日での大石誠之助、松尾卯一太と幸徳との話し合いを上記の陰謀とし「本件の発端なり」と位置づけ、「第一 東京・信州方面(幸徳直轄)、第二 大石の紀州陰謀、第三 松尾の九州、第四 内山の遊説(大阪・神戸)」と広域化、各地の社会主義者へ「大逆罪」弾圧を拡大した内容である。

 それは明科での爆裂弾事件から大逆罪へ結びつけ、更なる拡大に11月謀議を位置づけ、内山愚童を無理矢理組み込むための皇太子「暗殺」計画なるものをフレームアップしたものである。全ての環に幸徳を存在させ内山を補強人物とし、大石、松尾を軸とし大阪、神戸、和歌山、熊本の社会主義者へと繋げた。(神奈川、名古屋の同志も一時はつなげられようとした)

 坂本清馬は幸徳から距離をおき、森近は社会主義運動から離れ、奥宮は社会主義とは無縁でありながら1908,9年にかけての官憲の虚構の物語に登場させられた。

 弾圧の発端は長野県明科在住、宮下太吉の爆裂弾製造を契機として始まった。1910年5月25日、爆発物取締罰則違反容疑で逮捕され、新村忠雄、兄善兵衛は同県屋代町の自宅から連行。5月29日宮下が爆裂弾の使用目的「天皇暗殺計画」を自供し検事の「聞取り書」には共謀者として管野すが、新村忠雄、古河力作の名が出される。5月31日、刑法73条(いわゆる大逆罪)該当事件として、検事総長に書類が送致され幸徳、新村、古河力作、管野すが、宮下、新村善兵衛、新田融の7名が大審院に予審請求、開始決定。6月1日、幸徳が湯河原で逮捕される。出版法違反で入獄中の管野すがは6月2日に調べ始められた。(新村善兵衛、新田は大審院判決で爆発物取締罰則のみ認定、「大逆罪」を承知していたという調書は信用できないとされた)

 大石の新宮関連は7月6日武富検事が、小林検事正、高野検事と協議し(大石は既に6月5日起訴決定され東京に送られていた)高木顕明、峰尾説堂、崎久保誠一は7月7日、成石勘三郎を7月8日、成石平四郎を7月14日に起訴決定。やはり武富が7月29日から取調べに入った熊本関連は新美卯一郎、飛松与次郎、佐々木道元を松尾と同じく8月3日に起訴決定。

 架空の「11月謀議」時に巣鴨平民社に同居していた森近運平は岡山に戻っていたが6月15日、巣鴨平民社に住込み、その後幸徳から離れた坂本清馬は8月9日起訴決定されている。

 さらに1910年8月21日、大阪にて小林検事正、武富、小山検事は内山愚童の皇太子暗殺計画(「オヤジをやめて、セガレをやれば胆をつぶして死ぬだろう」なる放言)なる二つめの「大逆罪」フレームアップを組み込み、内山の歴訪した大阪から武田九平、岡本顕一郎、三浦安太郎は8月28日に起訴決定。神戸から神戸平民倶楽部の岡林寅松、小松丑治を9月28日に起訴決定、内山愚童を10月18日に起訴決定した。判決では「愚童、寅松、丑冶の行為は各同条の規定中皇太子に対し危害を加えんとしたる者は死刑に処すとあるに該当し、被告平四郎。安太郎の行為は各同条規定中天皇に対し危害を加えんとしたる罪と、皇太子に対し危害を加えんとしたる罪の刑に処すべく……」とされている。

 奥宮健之は自由民権運動の世代でかつての自由党壮士。無政府主義、社会主義と無縁の立場であった。幸徳とは同郷の縁で交流があり、1909年10月、昔の仲間から爆裂弾の製法情報を入手し幸徳にそれを伝えたという件で巻き込まれた。(予審判事意見書では「伝次郎一派を緩和せしめんため…懐柔策を協議」とあり政治ブローカーとの間にたち金銭利益を得ようとした気配もあるが成功していない)

 実際に、この国で、国家権力を転覆させることが同志の間で密に検討されたのであろうか。国家権力、大審院の杜撰なシナリオではあるが、現実に自分たちの体制、権力が打倒させられる恐怖感の一端があらわれている。
  刑法76条(大逆罪)により26名が公判にかけられ、一般傍聴禁止、連日の開廷により、大審院のみの一審制という、近代史上、最大の暗黒裁判により開始から一カ月で24名への死刑判決。


 国際的な無政府主義者、社会主義者の抗議運動の拡がりを恐れ、判決から10日も経たずして、1911年1月24日、25日と12名が絞首され、革命への精神と肉体を抹殺された。
  国家権力、時の権力者、山県有朋、ムツヒトらが人々の間に無政府主義思想が拡がることを恐れ、無政府主義者一掃を図った大弾圧であり、「司法」という名の「合法」性を装った国家権力によるテロリズムそのものである。後に「大逆事件」といわれる。

  これまでは弾圧のフレームアップの側面が強調され、彼女、彼等が無政府主義者として革命主体として何を考え、どのような行為があったかは十全に検証され得ていないのではないか。
(神崎清の『革命伝説』が個々の被弾圧者の実像に踏みこんだうえで「大逆事件」の全体構造を物語っている。本稿も1次資料が掲載されている文献が入手できない場合は、『革命伝説』芳賀書店版によっている。)
 

 弾圧の実態、裁判のプロセスが公然と語ることが可能になったのは1945年以降である。しかしながら無政府主義の立場で言及している文章は少ない。新たに調べようとしても、近年では一般的な文献も入手し難い。被弾圧者個々の研究書を読み通しても弾圧全体は解かり難い。
  わかり難さは何に起因しているのか。実行の意志と計画を知っていたメンバーと周辺の同志との繋がりに関する資料が少ない、被弾圧者の公判廷、獄中における一次資料が1945年まで司法省により隠匿されていて解明が始まったのが、判決、処刑より30年余りの後で周辺の証言が不足している。
「再審請求」が焦点化していた時期にフレームアップの側面が強調され過ぎたこと、研究者の思想的なスタンスから無政府主義思想に距離を置いたり、無知から生じて正確でない記述があること。直接の被弾圧者が26名という大弾圧が個々の生き方を描きだすのに膨大な労力を必要とする。これらが要因であろう。

  また幸徳秋水はスペイン政府による無政府主義者フェレル処刑への抗議記事を執筆している。伊藤博文への報復を果たした安重根の肖像写真のポストカードには秋水の漢詩が刷りこまれていた。さらに秋水はサンフランシスコでの無政府主義者との交流を行なっている。1900年代は国際的革命運動の連帯は有り得たのか。
  まずは宮下太吉が闘いに踏み出す状況から始めたい。次に幸徳秋水が翻訳したクロポトキン著『麺麭の略取』の出版の活動に焦点を当てたい。
                                          

宮下太吉
 

  熟練の機械工であった宮下太吉である。1876年生まれ。小学校を卒業し、すぐに鍛冶屋に見習いにはいった。彼は社会主義文献に触れる前から労働者が置かれている環境に疑問を持っていた。『日刊平民新聞』を入手してからさらに労働者の組織化に目覚め、自分の職場に組合を結成し「亀崎鉄工所友愛義団」と名付けた。
  弁護人が残した大審院特別法廷覚書によると、宮下は法廷で次の様に述べている。
「煙山氏の『無政府主義』を読みし時、革命党の所為を見て日本にもこんな事をしなければ、ならぬかと思いたり」予審調書では
「私は社会主義を読み、社会主義を実行するに当たり、皇室を如何にすべきかとの疑問を持っておりました処、1907年12月13日、森近に会ったから、日本歴史に関し皇室の事を質問したのです。 …… 」
  森近運平から、後に早大教授となる久米邦武の『日本古代史』を見せられ、「皇室崇尊の思想は迷信である」と学んだのである。
  1908年1月には片山潜の講演会も地元で主催したが片山の議会主義には納得しなかった。2月には再び森近を訪れ、秘密出版されたアナキスト、ローレルの『総同盟罷工論』を貰っている。
  森近運平が『日本平民新聞』13号(1908 年2月5日号)に宮下の印象記を載せている。

    『脳と手』                     森近運平
「宮下君ら数十名の同志は、面倒臭い本こそ読まぬ。金鎚と鉞とネジ廻しとを以て、器械を組み立てる技術を持った人である。その頭脳の明晰なる事、到底帝国大学の先生方の及び能わざる所であると感じた」

  11月には内山愚堂から『無政府共産 入獄紀念 革命』が送付されてきた。

『無政府共産 入獄紀念 革命』(部分)
「人間の一番大事な、なくてはならぬ食物を作る小作人諸君。諸君はマアー、雄や先祖のむかしから、この人間の一番大事な食物を、作ることに一生懸命働いておりながら、くる年もくるとしも、足らぬたらぬで終わるとは、何たる不幸のことなるか。 ……………… 今の政府を亡ぼして、天子のなき自由国に、するということがナゼ、むほんにんの、することでなく、正義をおもんずる勇士の、することであるかというに、今の政フや親玉たる天子というのは諸君が、小学校の教師などより、ダマサレテ、おるような、神の子でも何でもないのである、今の天子の先祖は、九州のスミから出て、人殺しや、ごう盗をして、同じ泥坊なかまの、ナガスネヒコなどを亡ぼした、いわば熊ざか長範や、大え山の酒呑童子の、成功したのである、神様でも何でもないことは、スコシ考えてみれば、スグしれる。………………
  小作人諸君。諸君はひさしき迷信のために、国にグンタイがなければ、民百姓は生きておられんものと信じておったであろう。ナルホド、昔も今も、いざ戦争となれば、ぐんたいのない国はある国に亡ぼされてしまうにきまっておる、けれどもこれは天子だの政府だのという大泥坊があるからなのだ。
  戦争は政府登政府とのケンカではないか、ツマリ泥坊と泥坊がナカマげんかするために、民百姓が、なんぎをするのであるから、この政府という、泥坊をなくしてしまえば、戦争というものはなくなる。戦争がなくなれば、かわい子供を兵士にださなくてもよろしいということは、スグにしれるであろう。
  ソコデ小作米を地主へ出さないようにし、税金と子供を兵士にやらぬようにするには、政府という大泥坊をなくしてしまうが、一番はやみちであるということになる。
  しからば、いかにしてこの正義を実行するやというに、方法はいろいろあるが、マズ小作人諸君としては、10人でも、20人でも連合して、地主に小作米をださぬこと、政府に税金と兵士をださぬことを実行したまえ。諸君がこれを実行すれば、正義は友を、ますものであるから、一村より一ぐんに及ぼし、一ぐんより一県にと、ついに日本全国より全世界に及ぼして、ココニ安楽自由なる無政府共産の理想国ができるのである。
  何ごとも犠牲なくして、できるものではない。吾と思わん者はこの正義のために、いのちがけの、運動をせよ。(オワリ)」

  宮下太吉は内山愚堂と面識はなかった。内山は平民社の購読者リストに基ずき、秘密出版した『無政府共産』のパンフレットをそれぞれに複数部、送付したのである。
  宮下は、その内容に大いに共感し、たまたま11月10日に天皇ムツヒトが関西行きのため、近くの東海道線大府駅を通過するという新聞記事を読み、集まる住民に配布することを決意した。
  神格化され絶対権力者としての天皇への批判・否定のパンフレットは所持しているだけでも「不敬罪」の取締対象である。現実に何人かが内山から送られたものを所持しているだけで弾圧され、不敬罪で起訴され5年の実刑攻撃をうけている。
  宮下は森近運平や平民社からの影響を受け急速に社会主義の文献を読み始めていた。自分の職場の仲間にも広めようとしていたが、すぐに反応は返ってこなかった。そこへ『無政府共産』の送付である。職場の労働者以外にも、さらに多くの人々に天皇と政府の支配から脱し革命に参加することを訴えようとしたのである。
  宮下は工場を休み、『無政府共産』を15部所持し大府駅へ向かった。配布しながら天皇神話を崩そうとしたが、人々の反応は宮下にとって満足の行くものではなかった。しかし天皇への不満を述べる者もいた。
  1909年2月、東京への出張の帰りに、巣鴨の平民社を訪ねた。そこで幸徳秋水に初めて会い、ムツヒトの暗殺を計画していることを話している。宮下の、これらの交流、活動の一端は予審で供述調書を作られてしまい、大審院の判決理由で虚構の物語に組み込まれていく。

『大審院判決』抜粋

「……運平は無政府共産主義を奉じ、大阪に在りて、大阪平民新聞、或いは日本平民新聞と称したる社会主義の新聞紙を発刊し、又定時茶話会を開き、無政府共産説を鼓吹す。  偶々、被告宮下太吉、心を同主義に傾けたるも、皇室前途の解決に付いて惑う所あり、明治40年12月13日、運平を大阪平民社に訪うて之を質す。
  運平即ち、帝国紀元の史実、信するに足らざることを説き、自ら太吉をして、不臣の念を懐くにいたらしむ。
  其後、太吉は内山愚堂、出版の『入獄記念 無政府共産』と題する暴慢危激の小冊子を携え、東海道大府駅に到り、行幸の歯簿を拝観する群集に頒与し、且之に対して、過激の無政府共産説を宣伝するや、衆皆、傾聴するの風あれども、言一たび皇室の尊厳を冒すや復耳を仮す者なきを見て、心に以為く、
  帝国の革命を行んと欲すれば、先ず大逆を犯し、以て人民忠愛の信念を殺ぐに若かずと、是に於て、太吉は爆裂弾を造り、大逆罪を犯さんことを決意し。
  明治41年11月13日、其旨を記し、且一朝、東京に事あらば直に起て、之に応ずべき旨を記したる書面を運平に送り、運平は之を伝次郎に示し、且、太吉の意志強固なることを推奨したるに、伝次郎は之を聴いて喜色あり、 ………… 」

  宮下は神格化された天皇の存在を打破するところから社会主義思想、無政府共産主義思想に近付いていった。
  宮下の眼には触れていなかったと思われるが、1907年の11月3日、すなわち天皇ムツヒトの誕生日に合わせて、サンフランシスコ在住の社会革名党員(幸徳が滯米中に組織化した在米日本人の党派)が『ザ・テロリズム』と題した新聞を配布した。
  その内容が「日本皇帝睦仁君に与う」というタイトルでムツヒトへの暗殺通告そのものであった。現実に暗殺を計画したというより日本の国家権力の追求が届かない海外から、脅かしをかけたというところであろう。
  11月3日当日にサンフランシスコの日本領事館正面玄関に貼り付けられたという。また日本国内にも送られたようである。一部が関東の社会主義者の家に残されていた。

『日本皇帝睦仁君に与う』  (部分)

「日本皇帝睦仁君足下。余ら無政府党、革名党暗殺主義者は今足下に一言せんと欲す。……
  睦仁君足下。さきに足下は足下の暴威の範囲を拡張せんがために隣邦支邦と戦えたり。近くは露国と戦えたり。この時において足下の幇間は挙国一致を説き、忠君愛国を語りて、おおいに殺戮を奨励したり。嗚呼日本の平民は支邦の平民になんらの怨恨かある。露国の平民は日本の平民になんらの怨恨かある。…………
  戦後の足下は一等国の君子となりしにあらずや。貴族は爵位を得しにあらずや。資本家は巨万の富を得しにあらずや。しかしてみずから鉄砲をとりて戦えし平民の子は戦場の露と消え、あるいは傷けられ、あるいは捕虜となり幸いにして帰りし者は、重税を課せられ、数十億の国債を荷なえてなお飢餓と戦えつつあるにあらずや。見よ、足下および足下の周囲なる権力階級は失うところなくして、得るところ大なるを見よ。平民階級は失うところ大にして得るところ一もなきを。……………
  ………ここにおいて吾人は断言す。足下は吾人の敵なるを、自由の敵なるを。しかして足下が自由論者に向いて挑戦したる行動なりと。よししからば吾人にもまた吾人の覚悟あり。吾人いたずらに暴を好向ものにあらず。しかれども暴をもって圧制する時には、暴をもって反抗すべし。
  しかり、吾人は最後の血滴をそそがんまでも、足下に反抗し、現在の秩序に逆らいて反抗すべし。遊説や扇動のごとき緩慢なる手段を止めて、すべからく暗殺を実行し、間諜者、圧制者は、すべて、その人の、いかなる位置にあるを問わず、尽くこれを謀殺すべし。 これらを単純なる紙上の空論と誤認するなかれ。暗殺主義は今や露国において最も成功しつつあり。仏国においてもまた成功したりき。………  睦仁君足下。憐なる睦仁君足下。足下の命や且夕にせまれり。爆裂弾は足下の周囲にありて、まさに破裂せんとしつつあり。さらば足下よ。

1907年11月3日  足下の誕生日
無政府党暗殺主義者」


  内容は天皇の神格を歴史的に否定し、侵略と奴隷使役を繰り返してきた一族の末裔にすぎないこと。現在も日本人民は奴隷道徳のもとに支配されている。人間として自由を求めるのは当然である。その自由を訴える新聞、雑誌記者、労働者が投獄され、日本社会党も解散を命じられた、という主張である。
  国家権力の中枢に位置していた山県有朋はタイミングを計り「赤旗事件」直後、天皇ムツヒトに『ザ・テロリズム』を発行した社会革命党の存在を伝え、国内の社会主義者と結びついていると語った。
  その結果が大杉栄、堺利彦、山川均らに対する一年から二年半の禁錮、重刑攻撃につながり社会主義者の活動が封じこめられた。
  1902年『近世無政府主義 、1903年『社会主義神髄 、1908年『麺麭の略取』の出版と社会主義、無政府主義の纏まった文献がようやく広まった時代である。それに伴って日本という国の政治体制を分析していった場合、天皇一族の存在が歴史的、国家論の視点から検証され始めたのである。
  前出、その天皇の存在に対する歴史認識から、東大を追われた久米邦武の『日本古代史』も大きな役割を果たしている。
  宮下は幸徳、森近らの平民社との交流、内山愚堂の『無政府共産』から天皇観の影響を受け学び、天皇の存在が労働者、小作人、戦争に駆り出される人々を苦しめている元凶だと認識したのである。
  宮下が使用していた1908年の市販の日記帳には皇室欄が付録として付いていた。そこに宮下の書き込みが残されている。

〈皇    室〉 寄生虫ノ集合体 革命ノ時ハ皆殺ス
〈皇    族〉 寄生虫ノ集合体 革命ノ時ハ殺ス可者
〈御歴 代表〉 寄生虫ノ経歴表
〈陸軍管区表〉 社会ノ害物
〈貨幣明細表〉 新社会ニハ不必要
〈印 紙 税〉 新社会ニハ不必要

  宮下の決意が率直に表現されている。陸軍管区表というのは師団の所在地のことである。反軍の立場、革命時の障害になるということで記したのであろう。
  大府駅での『無政府共産』の配布から数ヶ月を経て1909年の2月には、天皇暗殺の決意が出始めている。自分は命を賭けて革命のための礎になろうと決意したのである。残されている資料を検討する限り、煙山専太郎の『近世無政府主義』からの影響であろうか。
煙山専太郎は後に早大の教授になる。長男が1971年にエッセイで
「父の立場はいうまでなくこれ(革命)を謳歌宣伝するものではなく『警世の書』であったのです。………ただ父は、この書  を上辞するに当たり、警保局?の役人から取調べをうけ、無事にパスして公刊できるようになったと申しておりました。…………」
  と述べている。
  煙山専太郎の思想的な立場はわからないが、「警世の書」というのは当局への対応上主張していたのかもしれない。もしくは出版時の予想に反して、無政府主義者に影響を与えたり、宮下太吉の蔵書にもあったということで、「保身」的言辞にならざるを得なかったのであろう。
  出版当初は余り売れず、幸徳秋水が米国から帰国後、無政府主義の立場を明確にしてから購入され始めたようである。
  その内容はナロードニキの闘争、無政府主義の理論、ヨーロッパの無政府主義運動史となっている。
  宮下はロシア皇帝アレキサンドル二世の暗殺場面を天皇ムツヒトへのそれと重ねたのであろうか。
[PR]
# by koutokushuusui | 2011-06-29 11:08

宮下太吉 其の二

  第4回予審調書

「まず爆裂弾を作り、第一に之を天子の馬車に投げつけて、天子も我々と同じく血の出る人間であるということを示したい。自分は、その決心を為して、是よりその計画を行なうべき旨を話しました」
1909年2月13日に巣鴨の平民社を訪ね幸徳に語っている。
  東京に向かう直前には、岡崎の書店で、古本の『国民百科辞典』を見つけ購入。薬品の性質や、火薬の製法を調べ始めている。
  押収された『日記』のメモによると、
  4月13日 「平民社」にクロポトキン著、幸徳秋水訳『麺麭の略取』を注文。
  4月18日 『法律と強権』と共に受け取る。
  来たるべき社会のイメージを掴もうとしているのか。
  5月の中頃には「ソロリン」という火薬の合剤を調合する方法を把握している。
  5月25日には平民社から『自由思想』の一号を受け取り、同日幸徳あてに手紙を書いている。幸徳は同志からの通信はそのつど処分しているので現物は残されていないが、宮下がその主旨を供述している。

「研究によって爆裂弾の調合が判った………主義のために斃れる………」

  5月27日、28日には『自由思想』一号を再び受け取る。
  同、5月28日には菅野スガより「会って話したい」との通信が届く。
  6月6日には千駄ヶ谷に移っていた平民社を訪ねる。

  宮下の予審での第21回調書が残されている。

「私は、幸徳、菅野両人に対し、爆薬の調合も判ったから、いよいよ爆裂弾を造って、天子を斃すと申したるに、幸徳も管野も之に同意しました。もっとも、幸徳は自分も一緒に、加わってやると名言しませんでしたが。
  私に向かって、
    君は田舎に住まっている人であるから、別に面倒な事もないが、自分らは東京に住し、人に顔をよく知られているから、いよいよ実行する時機が来たら、三ヶ月くらいは、所々、田舎に引っ込み、一時姿を隠しておかねばならぬ。
  また、
    その如き、事をやるについては、その理由を書き残しておかないと、世間から狂者の所為の様に思わる。と言いました。
  それで、私は無論、同人らは、私と事を共にする考えがあったもの、と思いました。」
 

幸徳は、自分自身が参加することは曖昧にしていたが、菅野スガは積極に反応していた。
  菅野スガ・第二回聴取書

「私は元来、無政府共産主義者の中でも、過激なる思想を懷いておりましたが、………とうてい温和なる手段で、主義を伝道するなとは手ぬるい事であると考え、寧ろこの際、暴動もしくは革命を起こし、暗殺等も盛んにやって、人心を覚醒せなければ駄目であるから、出獄後は、この目的のために活動する考えを起こしたのであります」

「6月、宮下と前相談した中に、私からこの計画をやる二人、新村忠雄・古河力作の両人は、予って熱心なる主義者で、最もしっかりして居るから、この両人も、入れる様に相談致しました」

  この6月の平民社での話し合い以降、宮下の活動は爆裂弾の材料集めと製造に集中して行く。
  7月5日 甲府の薬屋で、塩酸カリ九百 入手。
  7月10日 鶏冠石、入手依頼の手紙を亀崎の知人に出す。
  7月19日 塩酸カリ、入手依頼の手紙を新宮の新村に出す。
  7月31日 鶏冠石千二百 、明科の宮下の下に届く。
  8月11日 塩酸カリ四百五十 、新宮の新村から届く。
  11月3日 明科背後の大足山中で爆裂弾を試発させる。

1910年

1月1日 宮下は前夜より平民社に滞在していた。幸徳、菅野、新村と朝より午後3時頃まで談論。 証拠物写し第一冊 爆裂弾の容器と火薬を黒いカバンに入れて持って来た。ブリキ容器二個、白い粉末の塩酸カリ、鶏冠石粉末 直径一寸、長さ二寸のからの容器を握り、畳の上に投げつけた

1月 23日 古河、千駄ヶ谷平民社を訪れる。宮下は不在。 「この計画も、話も進行させない。年寄りはだめだ。あの人はもうやめさせようじゃないか。」

新村 「いやな人はよせばいい。やりたい者がやればいい」

古河 管野が加わる。新村、ノートに鉛筆で図面を引く。馬車襲撃の方法、手順、役割などの説明。襲撃の時期「本年の秋季」漠然たるもの

2月6日 新村、明科の宮下を訪ね、下宿に二泊。1月 23日の話を伝える。 管野の指示を新村が伝える。「ブリキ缶と鉄缶とどちらが爆発が強いか。もう一度実験してみよう」    3月6日 宮下、新村と品川駅で落ち合う。話の内容は不明。

3月 23日 平民社解散、幸徳は湯河原へ。

3月 25日 新村、明科の宮下、下宿へ一泊

3月 27日 新村、再び一泊

4月 23日 管野、湯河原から宮下へ手紙を出す。 「もう一度、爆裂弾の試験をして欲しい」 4月?日 宮下(職工長)製材所の鍛冶工場で新田融にブリキ缶の製作を依頼。24個を製作。「蚤とり粉を入れて、いたずらをするのだ」前年12月の製作に続いて二度目。

4月 26日 宮下、尾代町の新村を訪ねる。2月6日の再実験の場所を捜す。人家が散在し、見つからない。「秋までには、まだ時間的余裕があるから、いずれそのうち、場所を選んで実験をしよう」新村、強く主張 「5月1日に、屋代の北東の山中において、昼間、爆裂弾の試発をしよう」

5月1日 宮下、部下である清水の妻、小沢玉江と自由恋愛

5月8日 清水宅に火薬を預ける。(昨年 11月に一度預けて5月始めに引き取る) 白木の箱に釘付けして、古河力作へ「変事のあった時は」郵送とメモをつけていた。

5月 14日 新村の明科入りを、駐在の小野寺老巡査が察知、追跡。

宮下の供述内容。第 15回調書 「管野も入獄する。私も … 」

5月 17日 宮下、屋代の新村に会いに行く。新村は上京した後で不在。 小野寺巡査、工場のスパイ結城三郎よりブリキ缶の情報を入手。 管野、新村、古河で実行のクジをひく。 5月18日 管野、東京監獄に入獄

5月 19日 新田融、警察に宮下からのブリキ缶製造依頼を話す。

5月 20日 宮下を小野寺巡査と中村刑事が訪問する。「爆発物を製造したるものなりと思料し」下宿の任意家宅捜索、ブリキ缶三個が発見される。

宮下、清水宅を訪ねる。「巡幸の時に投げつける。管野、新村と自分と三人でやる。天長節にやる予定だ」

5月 21日 爆弾の材料を工場に移す。

5月 22日 清水は工場長西山に宮下の爆裂弾の件を密告に松本に行く。所長は出張で不在。 5月23日 長野県警察署長会議に向かう、松本警察署長、小西吉太郎に明科駅で中村刑事、小野寺巡査から宮下太吉に関わる爆取罰則違反容疑の報告書を受け取る。

5月 25日 午前6時、中村刑事、小野寺巡査が清水太市郎宅を急襲清水、宮下の計画を話し、爆裂弾の容器であるブリキ缶を製材所に移したことを話す。警察部へ出張中の署長に急報。 新村の検挙を検事正と打ち合わせ、屋代警察署長に検挙を指示。午前10時から11時まで明科製材所を承諾捜査

宮下太吉が午後3時過ぎに逮捕される。

「ブリキ缶を製造させた事実を認める」新村忠雄が自宅にて屋代警察署により逮捕。午後3時過ぎ。 午後 11時過ぎに新村善兵衛も拘印引状が執行される。

5月 27日 長野地裁三家検事正は東京にて検事総長の指揮を請う。東京地裁、小原検事に長野地裁への出張辞令を交付。

5月 28日 午前10時半、三家検事正は警察署長会議の最終日に出席 古河力作、任意同行を求められる。

翌日、長野地裁検事局に巡査に付き添われ出頭。

5月 31日 三家、事件を検事総長に「刑法73条に該当する犯罪」として送致。 七名<宮下、新村兄弟、管野、新田、幸徳、古河>

午後 10時「大審院長の命により」予審判事潮恒太郎は湯河原の幸徳に対して刑法73条にて拘引状を発す。

6月1日

午前6時 10分、横浜地裁検事正、神奈川県警警察部長ら幸徳逮捕のため小田原で合流。午前8時30分、軽便鉄道「門川停留所前」にて幸徳逮捕される。

宮下太吉 初日 「お前らは世間で、犬だといわれているがほんとうに犬だ」

次の日 「役人はまっすぐ歩かない、とわれわれは思っておったが、お前らによってそれがよくわかった」「いおうか、いうまいか。ウッカリいうと、笠の台がとんでしまう」

三日目 「この事件はどうせ東京へ送られるであろうから、東京へいってから自白する」

宮下は取り調べで供述を始め、爆弾製造と皇室が目標だと認める。

予審調書概要

第1回 1910年6月4日 判事 長島長蔵
社会主義者になった動機、森近、幸徳との接触
天皇を斃す決心、爆裂弾の材料

第2回 1910年6月5日
幸徳、新村、管野、爆裂弾の相談

第2回 1910年6月5日

問 そのとき新村に宛てた手紙の文句で覚えているだけ申して見よ。

答 よく覚えてはおりませんが「〇〇を製造して主義のために斃れる」というようなことを書いたと思います。これだけ書けば外国で爆裂弾を使用して倒れた社会主義者がたくさんありますから、新村にも推測できると思いました。

第3回 1910年6月6日
新田に缶を作って貰った
暴動の時期

答 前に天皇を斃すために爆裂弾をつくるのだとという相談したと申しましたのは間違いで、先年の錦輝館事件のような暴動を起こすのだと新田に話たのです。 …

問 場所をどこと言ったか。 答 東京市内各所で暴動を起こすと申しました。

第4回 1910年6月7日
爆裂弾運動を幸徳に話した顛末

第5回 1910年6月8日
明科での生活、姉と同居

答 錦輝館事件のときのような暴動とは言いましたが、あのくらいの程度のことではありません。それなら何も爆裂弾など必要ではありません。私は官憲に抵抗して暴動を起こすというので、諸官省はもちろん、三井・岩崎などにも放火し、爆裂弾をもって各大臣をやっつけると申したのでありまして、暴動というより革命といったほうがよかろうと思います。

第6回 1910年6月10日
武市方での勤務状況、幸徳を訪ねた日

第7回 1910年6月10日
新田融との関係

第8回 1910年6月11日
愛人社、川田倉吉と一回会った
1909年2月13日、巣鴨平民社

第9回
天皇を斃すという計画、森近からの影響
古河を推称される

第10回
清水に計画を話した日
日記をもとにした訊問

第11回
問 森近が被告に対して「古河は桂候を短刀ををもって暗殺しようとしたが、目的を達しなかったので泣いた」ということを言わなかったか。
答 そういうことは申しません。ただ「短刀では駄目だから、爆裂弾が欲しいと古河が言っていたと」と申しました。
問 森近は幸徳とダイナマイトをつくる方法を研究したというようなことを話さなかったか。
答 森近はそのような話はいたしません。
……

第12回
証拠として手紙の表示ありたり。

第13回
古河加入の話
自身の変事の際、薬品を古河に送ることを清水に依頼した話
清水への薬品預け、清水の妻との関係
清水の妻と「通じた」話
塩酸加里、新宮にいた新村忠雄から送付されたが、その入手先

第14回
塩酸加里を送ってきたときの手紙の文句を思い出せないか
大石からもらっただろうと追及
秤の購入先

第15回 1910年6月28日
各証拠物を示して申し立てを聞く
森近に関すること
試爆用の鉄缶
日記への書き込み
『無政府共産』の影響
明科に新村忠雄が泊まった日付、九月二十八日
3月6日、品川停車場で新村に会った件
清水の妻たまと「通じた」日、日記に記した件
五月十四日に新村忠雄とどんな話をしたか
「清水たま」とのことを打ち明ける
五月八日の記述「うわさになっているが、清水に関係はしていないと話す」「清水は、俺はそんなことを信じていないから安心せよ、と申した」
五月二十二日、清水宅に行き、清水は留守で、たまが一人で居た。「世間で評判になっている」、たまは「私が死んでしまえば両方の顔も立つだろう」などと申したので、そのまま帰宅した。
五月一日、深志公園の開園日、清水は一人で出かけてしまった。「つい妙な仲になったように思う」

16回 1910年6月29日
塩酸加里を買い入れた薬屋、畑林、1909年8月6日であったということだが
「新村忠雄へ、塩酸加里を督促した手紙を八月一日に出した」
森近が援兵として上京と言った主意
大阪で最初に面会たとき「諸官省を焼き払い、監獄も焼き払って囚人を解放するような騒動を起こすこともある」と私に語った…
諸官省といったのなら天皇も同時に斃し、登記所や税務署をも焼き払うと言わなかったか
「そんなことは話しませんでした」
無政府共産主義にするというし詔勅を仰ぐという話はしなかったか
「そんな話もいたしません」

第17回 1910年7月1日
天長節で爆裂弾を試験したときに用いた缶はブリキ缶
であったというがどうか
「ブリキではありません、亜鉛です、五個つくってもらって十銭払ったと思います」
新村忠雄を介した奥宮に関する訊問

第18回
これまでの訊問の確認

第19回 1910年7月9日
爆裂弾の製造に関して実際家の説、新村忠雄に依頼
渋谷にいる奥宮健之
「幸徳宅では奥宮の話は出なかった」
奥宮に関する訊問が続く

第20回
1908年10月22日に森近から来た手紙の内容
秘密出版物を送る
『無政府共産』五十部を送ったのが誰だか判らない
諸官省焼き払い二重橋に迫る計画が書いてあったのでは
「書いてあったかもしれません」
「暴力革命を起こし、諸官省を破壊し、皇室を倒さねばならないということは当時から考えていた」
「11月10日、大府駅における天子通行の話を、11月13日森近に送った手紙に書いた、して自分は爆裂弾をつくって天子を斃す決心をしたという趣意」
暴力革命、東京での計画に関して訊問が続く
古河と実行を共にできると決心
幸徳の関与を絡めようとする訊問

第21回 1910年10月20日
1907年1月中から社会主義を奉ずるようになったのか
1907年、12月13日、森近訪問、話した内容
1908年の日記、11月頃、皇室の上に「寄生虫の集合体」「革命の時は皆殺す」と記す
森近との交流を訊問
『無政府共産』の配布
爆裂弾製造の決意時期
幸徳との書面往復、面会
管野、新村、古河との接触
森近郷里に戻る話と援兵
1908年3月、熊本に仕事で行きその際に社会主義者たちと
会った話、松尾卯一太宅に宿泊、新見卯一郎、宮崎民蔵、佐々木道元などと面会『熊本評論』をもらう
松原徳重から爆裂弾の製法を聞く
1909年、亀崎から明科に移る途中、6月6日、7日千駄ヶ谷平民社に宿泊、幸徳との話
「爆裂弾をつくって天子を斃す、幸徳、管野は同意」「幸徳は自分も加わってやるとは明言せず」「暴力革命の話」
明科での活動
7月5日、紀州にいた新村忠雄とのやりとり
9月28日、新村忠雄が宮下宅に宿泊
1910年秋、天子通行の際馬車に投げつけ東京市内で暴動大臣暗殺の話
新田には詳しい話をしていない
所有の地図に赤インクの線、1909年11月「青山練兵場行幸」の道筋の印、場所選定の準備 
缶を投げる練習
1910年2月7日、新村忠雄が宮下宅にきた時の話、今年の秋決行
管野、古河、新村、私の四人が爆裂弾をもって天子通行の道筋に分かれて立ち馬車前方にいるものから投げるということを新村忠雄が書いて私に示す、管野が合図役…(宮下太吉予審終わり)


12月10日大審院公判が始まる。

1月18日死刑判決。

19日大杉栄に「文明とは人命の下落の由に候」とハガキを送る。

1月24日絞首、執行寸前「無政府党万歳」と叫んだと伝わる。                        

宮下太吉書簡、大杉栄宛 「昔の人の話に神罰程恐ろしきは無き由に候」

「或物知りの話に文明とは人の命の下落の由に候」

お願みしたい事がありますから御都合の宜敷面会にきて下さい。

堺利彦様に宜敷。

「麦地におちて他の麦生ず」とか申事をヤソ坊主に聴いた事がある。



幸徳秋水 [アナキストの幸徳秋水の項を略引用]

 1907年、社会主義夏期講習会でも秋水は人気を得、新村忠雄らが集まり、中国人留学生も参加。秋水は中国革命同盟会にも参加。

 劉光漢、張景らは反帝国主義・民族独立を目指す、亜州和親会を呼びかけ、秋水、大杉栄、山川均も関係する。インド、安南(ヴェトナム)、朝鮮の当時日本に滞在していた革命家も参加。秋水は堺ら社会主義者有志で、日帝による朝鮮への植民地的支配強化に対し抗議を行なう。

 翌1908年「東洋諸国の革命党にして、その眼中国家の別なく、ただちに世界主義・社会主義の旗幟の下に、大連合を形成するに」『高知新聞』(1月1日号)と論ずるように国際主義の立場であった。

 1907年10月、秋水は病気で中村に帰郷、クロポトキン『麺麭の略取』の翻訳を進める。東京では屋上演説会事件、赤旗事件と弾圧が続くが、地方では上毛同志会が続けて開かれるなど、「平民の中へ」という秋水の主張が実践された。

 秋水は1908年7月、翻訳を完成、大石誠之介、内山愚童ら各地の同志を訪ねながら8月に訪京、赤旗事件の公判を傍聴、柏木に住み平民社とする。坂本清馬が住み込み、森近も合流、赤旗事件で無罪を勝ち獲った管野すが、他に戸恒、新美、守田、徳永保之助、川田倉吉らも出入りする。11月、大石の滞在、堀保子、神川、榎米吉、竹内善朔、神崎順一、岡野辰之助らの同志が集まる。

 12月中旬には『麺麭の略取』を自費で刊行。1909年1月末には、ほとんどの配布を坂本らの活躍で終えるという秘密出版(奥付けは1月末発行・平民社訳)であったが坂本は官憲への届出に反対し、秋水と対立し去る。

 新村が入れ替わりに住み込み、2月13日には宮下太吉が初めて平民社(巣鴨)を訪ねて来る。

 3月、千駄ヶ谷へ移転、管野の同居が始まり、近在の奥宮健之が訪れるようになる。アナキズム運動を推し進めるため『自由思想』を発刊、弾圧を受けるが戸恒、榎、竹内らの秘密配布網が組織され、かろうじて2号まで発行。

 同時期、宮下太吉は爆弾により天皇を打倒する決意を固め、管野、新村は接触するが、それは準備のための話し合いであった。古河力作も加わり、秋水も消極的に関与していく。

 しかし1910年、管野の入院、自身の病状の悪化、警察の監視の強化もあり、3月には平民社を閉じ、湯河原に投宿し、執筆活動に専念。

 計画は自然消滅せんとした矢先に宮下が明科で逮捕され、続いて秋水も6月1日に湯河原で逮捕される。予審を経て大逆罪による大審院のみでの拙速審理、ほとんど反論できぬまま、秋水以下、計画とは全く無縁の同志も含め24名に死刑判決。(直後に12名は減刑)

 審理中から、エマ・ゴールドマン、ヒッポリート・ハベルら『マザー・アース』誌によるアナキスト・グループを中心に国際的な抗議行動が展開される。

 市ヶ谷の東京監獄において 11年1月24日処刑、管野は翌日に執行。

 秋水らは「獄中手記」を残すが司法省によって長年隠匿され、1945年の日帝解体後、焼却直前に発見。逮捕直前にほぼ書き上げ獄中で脱稿した『基督抹殺論』は堺により1911年2月に刊行、増刷を重ね、印税は12名の死刑囚の遺族、懲役刑の獄中者、家族への救援費用に当てられ、また初の屋外メーデーの開催費用にも役立てられる。

 アナキストは後に「幸徳事件」「大逆事件」と語る。秋水の立場で「事件」を公に論じること自体が不敬罪弾圧の契機となり得るも、命日には集まりを継続し、保管されていた『麺麭の略取』の残部も少部数ずつ同志に配布、あるいは筆写と秋水の意志は受け継がれた。

「獄中手記」「予審調書」「証拠物写」等が 45年以降史料として発掘され、天皇ムツヒト、明治専制政府の大弾圧の実態の基礎的な研究に取り組まれるのが1950年代から1960年代である。        
[PR]
# by koutokushuusui | 2011-06-28 11:10

幸徳事件

幸徳事件 

1910年11月、旧刑法73条<1908年10月より実施、1947年現刑法より削除。天皇、太皇太后、皇太后、皇后、皇太子又ハ皇太孫ニ対シ危害ヲ加ヘ又ハ加ヘントシタル者ハ死刑ニ処ス>により幸徳秋水外25名が大審院に付され翌年1月に24名に死刑判決(12名は翌日無期に減刑)が出され12名が処刑された事件。初めての刑法73条の適用、被告とされた人数が多いこともあり固有名が付かず「大逆事件」と一般的に言われる。他の「大逆罪適用事件」と区別する場合は被告たちの中心人物とされた幸徳秋水の姓から「幸徳事件」と言われる。

被告の内、宮下太吉外3人は爆裂弾により明治天皇への攻撃を考えていたが実行計画は中途半端なままで実現に至るには曖昧なものであった。それは大審院判決理由において<爆裂弾を用い馬車で通行する天皇に投げつける>秋季逆謀と認定されたが、大審院が有罪とした幸徳中心の全体計画なるものは完全なフレームアップである。元老山縣、首相桂の藩軍閥政府による無政府主義者、社会主義者圧殺の政策のもと弾圧が拡大し、無政府主義者、社会主義者だけではなく被告とされた家族、友人たちにも捜索押収、取調べが行われた。またその過程で不敬罪弾圧、出版物への取締が強化された。
 このフレームアップ事件は社会主義者だけではなく文学者たちにも大きな影響を与え、徳富蘆花は「謀反論」と題した講演を第一高等学校で行い死刑廃止論の立場を鮮明にした。石川啄木は社会主義と被告たちへのシンパシーをもち裁判を研究、作品にも結実させた。大逆事件後を「社会主義運動の冬の時代」と言うケースが多いが、しかし赤旗事件から大逆事件へのフレームアップに至る時期、大審院公判中まで徹底した無政府主義、社会主義運動への弾圧が続き実際の「冬の時代」であった。1911年、同志たちが処刑された後、残された堺利彦は月に一回の「茶話会」から再起を始めた。大杉栄、荒畑寒村はいちはやく運動の再構築を図り、1912年『近代思想』を刊行した。

非戦論と直接行動派

20世紀始め、日露戦争前の1903年、堺利彦、幸徳秋水らを中心に平民社に拠った人たちは非戦論と社会主義を掲げ、運動を国内各地に広げはじめた。明治専制政府の藩閥・軍閥政治は内部対立と政党政治が不可避な状況の中、崩壊しつつあった。しかし社会主義運動の更なる拡大を恐れ、帝国主義諸国に伍して東アジアでの植民地確保、侵略戦争体制に向け国内専制体制を防衛しようとし、社会主義運動に対し機関紙発行、演説会、結社への弾圧を強化し抑圧政策を推進めた。1906年よりクロポトキンのアナキズム思想の影響を受けた幸徳を中心にし直接行動派が台頭し始め、アジアからの留学生たちにも影響を与え始めた。議会政策中心の社会主義者たちと分岐が鮮明になったが、政府も対策をすすめ1908年、金曜会屋上演説事件、神田錦輝館赤旗事件により過剰な弾圧を行い大杉栄、堺利彦らの主要な活動家を裁判にかけ実刑攻撃により活動を封じ込めた。幸徳は病気療養で中村に戻っていて難を避けられた。

アナキズム思想の影響を受けた活動家や社会主義者は秘密出版で対抗し、ゼネスト論や人民への抑圧政治の根源には天皇の存在があるという事実を暴露した『入獄紀念無政府共産』を刊行、政府の弾圧に抗した。幸徳ですらクロポトキンの主要理論書『パンの略取』を翻訳しながら、「平民社訳」とし政府への出版届出の前に頒布するという実質秘密出版をせざるを得なかった。1909年、幸徳は千駄ヶ谷の地に移った平民社を拠点に赤旗事件では無罪を勝ち取った管野須賀子と『自由思想』を創刊し公然運動を盛上げようとした。しかし出版法違反で続けての刊行ができず、管野も一時拘引され、裁判では罰金刑が確定し活動が行き詰まった。菅野や長野出身の活動家で一時平民社に住込んでいた新村忠雄は合法活動が圧殺された状況を打破しようと模索し、政府に対する闘争心が強い古河力作や爆裂弾を使い天皇を倒したいという社会主義者で機械技工労働者の宮下と連絡を取り始めていた。

宮下は爆裂弾を一度完成させ試爆させていた。幸徳自身は1910年になり、最後の拠点「平民社」を解散し、活動と生活立直しのため湯河原で執筆に専念することを決意、管野は罰金を払わず収監、100日間の労役場留置の策を選択せざるを得ず5月18日に東京監獄に入る。

弾圧開始

そのような状況下、長野の明科製材所で働いていた宮下の元へ新村が度々訪れた件、またブリキ缶と薬品を分散して所持していたことが察知され、5月25日爆裂弾の材料にあたるとして爆発物取締罰則違反で逮捕された。同日、長野の屋代に戻っていた新村忠雄と薬調合のための薬研を調達しただけの兄新村善兵衛も逮捕される。続けて平民社に出入りし、宮下が明科で保管していた薬品包みの連絡先として記されていた東京の古河も5月28日に連行され29日、松本署において爆発物取締罰則違反で逮捕。宮下は29日に至り明治天皇が馬車で通行時に爆裂弾を投げつけるという「相談」が存在していたことを供述、検事聴取に新村、管野、古河の名を出す。これを契機に刑法73条の該当事件として検事総長に書類送致される。ブリキ缶を依頼され作り自室に薬研を預かっていた宮下の職場の同僚、新田融も帰郷先の秋田から連行され、松本で6月4日逮捕された。 31日にはその5人に加え、湯河原滞在の幸徳秋水と東京監獄在監中の管野に対し大審院に予審請求されることが決定した。幸徳は6月1日湯河原を離れようとした時、管野は6月2日に監獄内において逮捕される。

拡大

当初はこの7人の「陰謀」事件として報道されていることからも官憲の一部には7人だけで「事件」を収束させる判断もあったようだが、大審院直轄になった検事たちが、平民社に出入りしていた社会主義者や供述で名を出された社会主義者を各地の当該警察署に拘引、直接の取調べ、捜索押収の過程で刑法73条該当事案として強引にこじつけ最終的には19人を加え、幸徳以下26人の「大逆事件」としての一大フレームアップの物語を完成させた。

更なる弾圧の拡大

官憲側の史料である『社会主義者沿革第三』によると「予審中、被告の外、1908年11月前後、<無政府共産主義者>にて大石、内山と会合し幸徳を平民社に訪問、寄宿しその説を聴き<本件陰謀熟知>せりと認められる者は東京、横浜、群馬、愛知、京都、大阪、神戸、岩手等の各地に散在」と記述されている。この<本件陰謀熟知>自体もフレームアップである。残された公判記録にはその「各地」の社会主義者の証人「調書」が数十人分残されている。この場合「無政府共産主義」という官憲の認識は1906年以来の直接行動派としての幸徳に同調していた同志たちも含まれている。家宅捜索や取調べで、幸徳たちに関連づけられなくても弾圧の口実を引っ張り出し、実刑弾圧を受けた社会主義者は多かった。前出の官憲史料に記録されているだけでも9月から12月にかけ「不敬罪」での判決が10件あり、1名が懲役4年、9名が懲役5年の投獄攻撃を受けている。かつて幸徳、新村と「気脈を通じた」とされた諏訪郡境村を中心とした農村運動のグループも治安警察法違反で14人が検事局に送検、1名が禁錮8ヶ月、10名が禁錮6ヶ月(内執行猶予5名)の判決を受けた。

大審院予審

大審院検事局の公訴事実を、平出弁護人が『特別法廷覚書』で骨子を記録している。その立会い検事平沼騏一郎の論告(1910年12月25日)は1908年11月、巣鴨平民社での、それぞれ別の日での大石誠之助、松尾卯一太と幸徳との話し合いを陰謀とし「本件の発端なり」と位置づけ、
「第一 東京・信州方面(幸徳直轄)、
第二 大石(誠之助)の紀州陰謀、
第三 松尾(卯一太)の九州、
第四 内山(愚童)の遊説(大阪・神戸)」
と広域化、各地の社会主義者へ「大逆罪」弾圧を拡大した内容である。

この構成には三つの「大逆罪」が含まれている。
1 天皇への爆裂弾投擲
2 暴動を起こし二重橋(宮城)へ逼る
3 皇太子に危害を加える

大審院がフレームアップした幸徳秋水(伝次郎)の「大逆」の意図を『判決理由』から抜粋すると以下の物語となり「11月謀議」となる。

「11月19日東京府北豊多摩郡巣鴨町伝次郎(幸徳)宅に於て、伝次郎が誠之助及び森近運平に対し赤旗事件連累者の出獄を待ち、決死の士数十人を募りて、富豪を劫掠(こうりゃく・財を奪い)し貧民に賑恤(しんじゅつ・賑し)諸官街を焼燬し、当路の顕官を殺し、且つ進んで宮城に迫りて、大逆罪を犯す意あることを説き、予め決死の士を募らんことを託し、運平(森近)、誠之助(大石)は 之に同意したり………」
「11月卯一太(松尾)もまた上京して伝次郎を訪問し、伝次郎より赤旗事件連累者の出獄を待ち、決死の士数十人を募り、富豪の財を奪い貧民に賑し、諸官街を焼燬し、当路の顕官を殺し、進んで宮城
に逼りて大逆罪を犯さんと意志のあることを聴き、これに同意して決死の士を養成すべきことを約し……」  この「謀議」は空想が生み出したものを検事・判事が文にしたものである。故にこの文言以上に内容が語られることはない。計画の証明も実行できる物的証拠も無く証人調べも却下している。そして全ての「陰謀」を幸徳につなげ、幸徳の「無政府共産主義」に全被告が感化されたことになっている。その「無政府共産主義」の内容も、議会政策を否定し直接行動を主張し暴力革命を唱え、クロポトキンの『パンの略取』を手にしたことである。大審院はその思想すら語れず、行為を裁かず「主義」を裁いているのである。1884年の太政官布告による爆発物取締罰則も治安弾圧を目的とし前文は実行行為のみではなく、思想や考えを含めて裁くことを本質としている。大逆罪もまた同様である。  11月謀議は幸徳がパリ・コミューンや1905年のロシア革命での労働者の決起を雑談で同志に話したのが、予審でフレーム・アップされ、さらに大石、松尾が新宮、熊本に戻り同志に東京での「幸徳の革命をめぐる雑談」として伝えたことがさらなるフレームアップへの糸口となった。さらに内山愚童を無理矢理組み込むための皇太子「暗殺」計画なるものをフレームアップしている。

 全ての環に幸徳を存在させ内山を補強人物とし、大石、松尾を軸とし大阪、神戸、和歌山、熊本の人脈へと繋げた。『熊本評論』は1908年の「赤旗事件」の頃は幸徳の影響を受け実質的な直接行動派の機関紙になりつつあった。松尾は無政府共産主義に傾いていた。神奈川、名古屋の同志も一時はつなげられようとした。判決理由でことさら<赤旗事件の連累者を待ち>と虚構の物語を記しているのも、あわよくば堺、大杉たちを再び弾圧せんとする目論見がある。
大石は7月6日、高木顕明、峰尾節堂、崎久保誠一は7月7日、成石勘三郎を7月8日、成石平四郎を7月14日に起訴決定。熊本関連は新美卯一郎、飛松与次郎、佐々木道元を松尾と同じく8月3日に起訴決定。 松尾、飛松は前年から新聞紙条例違反の禁錮刑で熊本監獄に在監していた。架空の「11月謀議」時に巣鴨平民社に同居していた森近運平は岡山に戻っていたが6月15日に起訴決定。 巣鴨時代の平民社に住込み、その後幸徳から離れた坂本清馬は8月9日起訴決定されている。( 7月26日、東京にて印刷所で労働中、浮浪罪とフレームアップされ拘引、数日後に拘束)

 さらに1910年8月21日、大阪にて内山愚童の皇太子暗殺計画(「オヤジをやめて、セガレをやれば胆をつぶして死ぬだろう」なる放言)なる二つめの「大逆罪」フレームアップを組み込み、内山の歴訪した大阪から武田九平、岡本顕一郎、三浦安太郎は8月28日に起訴決定。神戸から神戸平民倶楽部の岡林寅松、小松丑治を9月28日に起訴決定、内山愚童を10月18日に起訴決定した。(内山は出版法、爆発物取締罰則違反で東京監獄にて服役中であった)判決では「愚童、寅松、丑冶の行為は各同条の規定中皇太子に対し危害を加えんとしたる者は死刑に処すとあるに該当し、被告平四郎。安太郎の行為は各同条規定中天皇に対し危害を加えんとしたる罪と、皇太子に対し危害を加えんとしたる罪の刑に処すべく……」とされている。   6月28日に拘引された奥宮健之は自由民権運動の世代でかつての自由党壮士。無政府主義、社会主義と無縁の立場であった。幸徳とは同郷の縁で交流があり、1909年10月、昔の仲間から爆裂弾の製法情報を入手し幸徳にそれを伝えたという件で巻き込まれた。(予審判事意見書では「伝次郎一派を緩和せしめんため…懐柔策を協議」とあり政治ブローカーとの間にたち金銭利益を得ようとした気配もあるが成功していない。このような動きと立場の違いが一部では政府のスパイ説を生み出した。) 11月1日、検事総長は全員有罪の意見書を大審院に提出し、9日、予審終結、公判開始決定となった。11月10日、被告たちの接見、通信禁止は解除された。幸徳は20日か21日に『基督抹殺論』を脱稿している。

予審訊問調書

「本体」といわれる東京(平民社の一部)での天皇への攻撃相談と、信州・明科の宮下の爆裂弾関連を予審訊問から整理すると次ぎのようになる。
1 宮下太吉が爆裂弾を一度完成させ試爆をしたこと。本人の供述だけ。
2 宮下、管野、新村、古河が天皇に爆裂弾を投げつけるという相談。
(相互の供述)通過の際の投擲順番を籤引きで決めた。そのための爆裂弾は完成されていない。
いつ何処で決行するかも相談されていない。但し後に古河は「参加する振りをしていたが抜ける時期を模索していた。」と語る。
(大審院審理終結後の獄中での執筆文書)。管野は収監され、曖昧な「計画」になっていた。
3 幸徳を管野たちは相談・計画に引込もうとしなかった。
4 幸徳は、相談・計画の中味は詳細には聞いてはいないが、爆裂弾を使用した相談が一時期あったのは認識していた。
5 幸徳は爆裂弾の製法<薬品の配合>を奥宮に問合せていた。
6 幸徳は管野を「計画」から引き離そうとしていた。平民社を解散させた。相談の有無に関しては記憶が無いと対応。

大審院公判

弁護人は予審時選任できず、公判に付されることが決定してからようやく選任が可能となった。平出修弁護士を始め奮闘したが短期での活動では限界があった。第一回公判開廷後、一般傍聴人を入廷させておきながら傍聴禁止とし排除したが政府関係者は多数傍聴し、選任されてはいない弁護士も傍聴できた。判決公判だけ見せしめのため一般傍聴をさせたが官憲が入廷者を検問し主義者はほとんど排除された。 12月10日、特別裁判開廷、検事総長冒頭陳述、それに基づく被告訊問と陳述が続く。宮下、新村忠雄の意見陳述、12日、管野、古河、新村善兵衛、幸徳の意見陳述、13日幸徳、森近、奥宮、大石、高木、峯尾、崎久保、成石兄弟の意見陳述、14日、松尾、新見、飛松、佐々木、坂本の意見陳述、15日、内山、武田の意見陳述、16日、岡本、三浦、岡林、小松の意見陳述と連日の集中審理であった。幸徳は公判の合間、休廷日の17,18日に弁護士宛ての文書を執筆、無題であるが後に「陳弁書」と言われている。再び公判が続く。19日、幸徳らの意見陳述、20日、幸徳らの意見陳述、22日、幸徳らの意見陳述、補充審問を終え、23日、弁護人の証拠調べ、24日、弁護人の証拠書類閲覧、鶴裁判長は弁護側の証人申請を却下した。25日、検事論告、大逆罪として全員死刑求刑。27、28、29日、弁論。28日に幸徳の母は中村にて死去する。 

判決と処刑

1911年、1月15日、大審院の七判事、判決文に署名。
18日、24名に有罪判決、新村善兵衛、新田は爆発物取締罰則のみ認定、「大逆罪」を承知していたという調書は信用できないとされた。大審院の審理は形式的で、政府の意を受け刑法73条適用、取調、予審訊問をコントロールした検事総長の「有罪意見書」「論告」を追認するだけであった。
唯一の独自判断は2名を「大逆罪」から外し爆発物取締罰則違反のみで認定しただけである。しかし、そうであるならば管轄違いであったということで差し戻し審に回すのが当時の法体系に沿うものである。
大審院が有罪理由とした24名を組み込んだ全体のストーリーはフレームアップされたものであり、その計画「赤旗事件への報復、暴力による反抗、赤旗事件の連累者の出獄を待ち東京の中心で暴動<富豪の財を奪い官庁を焼き払い殺し>を起こし宮城に逼る、あるいは決死の士50名により暴力革命を起こし皇太子を殺す」、は当事の状況下では全く不可能で現実化しようが無い。
19日、遅い時間に12名の特赦決定。
19日、日本国内発行の英字紙『ジャパン・クロニクル』『ジャパン・アドバタイザー』は非公開裁判を批判。減刑者の移送が始まる。
1月20日、新村、新田、千葉監獄に移送、21日、峯尾、千葉監獄に移送、21日、12人への減刑が新聞報道される。22日 高木、崎久保、飛松、坂本、秋田刑務所に移送、22日、森近、獄中手記として「自叙伝」を書き始める。(24日の死刑執行寸前まで)「実際の処、私は多分無罪の判決を得る事と思うて居た」、22日、徳富蘆花、兄蘇峰へ「減刑されなかった12名の死刑阻止に向け、桂首相に伝わるよう」手紙を送る。22日、23日、成石、岡本、岡林、小松、武田、三浦、長崎監獄に移送。

24日、東京監獄にて11名絞首、幸徳秋水 午前8時6分 新美卯一郎 午前8時55分 奥宮健之 午前9時42分 成石平四郎午前10時34分 内山愚童 午前11時23分 宮下太吉 12時16分 森近運平午後1時45分 大石誠之助 午後2時23分 新村忠雄 午後2時50分 松尾卯一太 午後3時28分 古河力作 午後3時58分 処刑  宮下太吉、執行寸前「無政府党万歳」と叫んだと伝わる。

25日、管野須賀子絞首。

アメリカ、ヨーロッパにおいても処刑反対の抗議行動が広がり、政府は死刑執行を急ぎ、判決後一週間内で12名を処刑した。国内でも審理終結前後から徹底した報道・情報規制を行い地方紙を主として幸徳や無政府主義に触れた記事掲載で15件余りが発売・頒布禁止、差押処分を受け新聞紙条例・新聞紙法違反で禁錮、罰金判決が出された。弁護人ですら公判記録を判決後所持することは認められず大審院は返還要求をした。また刑死者の獄中記や遺書を法務、監獄当局は隠匿し続けた。  1月25日、幸徳の遺体は堺が引取、落合火葬場へ運ぶ。古河の遺体は実父が引取、大石は実姉が火葬、森近の遺体は堺が引取27日に火葬場へ運ぶ、内山の遺体は義弟が引取る。
25日、徳富蘆花、天皇に対し「12名の助命嘆願」の手紙を書き、東京朝日新聞主筆、池辺三山に託す(執筆時、処刑報道は伝わっていなかった)。
26日、管野の遺体、増田謹三郎が引取る。成石平四郎、松尾、新美の遺体、堺為子が引取る。
26日『二六新聞』紙に1月21日付け「管野すがより大杉夫婦宛書簡」掲載。
27日、荒畑寒村、増田方を訪れ管野須賀子の遺体と対面。27日、古河遺体火葬、27日、内山の遺骨は箱根林泉寺に埋葬
28日、古河遺骨、渡辺政太郎が堺方に移す。28日、管野須賀子の遺体、正春寺に埋葬。
28日、徳富蘆花、「謀反論」の演説草稿を完成させる。
29日、新村実姉、共同墓地の新村遺体を火葬
29日、ニューヨークで幸徳死刑への抗議集会と日本領事館に向けデモ。
30日、堺利彦宅にて刑死者の遺体引取りに関わった人たちの慰労の集まりが開かれる。
31日、新村遺骨、染井墓地に埋葬。

2月1日、幸徳秋水遺著『基督抹殺論』刊行。幸徳が公判中に脱稿し、処刑後一週間での刊行。印税は後に第一回の屋外メーデーの活動資金にも充当された。2月1日、徳富蘆花「謀反論」と題する講演を一高で行う。

2日 大石遺骨、新宮町南谷共同墓地に埋葬。
5日、堺利彦、監獄共同墓地の宮下の遺体を引取り火葬。
6日、政府寄りの「大逆事件講演会」国学院大学で開かれる。逆徒幸徳非難の保守的演説会であったが、唯一三宅雪嶺は官憲、裁判所を批判。
7日、幸徳の遺骨、中村の正福寺に埋葬。
12日 サンフランシスコで処刑者追悼大演説会が開かれる。
17日、宮下遺骨、実姉により甲府市三吉町光沢寺に埋葬。

 同志たちは接見禁止解除後、面会、差入で支援し、堺も在監中に関連して取調べを受けたが9月2日に出所、12月に売文社を立上げ、赤旗事件で出所した同志たちや仲間の仕事を確保しつつ、処刑者の遺体引取、火葬、遺族への慰問に奮闘した。

 大杉栄も千葉刑から東京監獄に移送され幸徳たちに関連して取調を受けたが、検事はフレームアップに組込むことはできず、11月29日に出所。面会、差入れを続けた。処刑後3月17日、大杉栄は東京を出発して大阪の「大逆事件」受刑者の家族を見舞い、22日に帰京、24日、同志茶話会にて「春三月縊り残され花に舞う」の句を読む。大杉はその後も懲役者への差入、刑死者の墓参りをした。
24日、古河遺骨、牛込、道林寺に埋葬。
堺は遺族の慰問で各地を回る。4月7日、岡山に森近の妻と実弟を慰問。
11日、エマゴールドマンより弾圧犠牲者への義捐金が加藤時次郎を受取人として送られる。
11日、堺、熊本の松尾の妻、実父、実弟慰問、佐々木の実母、実兄、新美の内縁の妻、叔父を慰問、墓参り。松尾方にて古庄友祐<旧『熊本評論』社同人>と対談、
22日から27日にかけて高知県中村の幸徳義兄宅滞在、幸徳の家族たちと交流、
28日には兵庫県小松留守宅訪問、
29日、武田内縁の妻、実弟を慰問、岡本内縁の妻、三浦家族を慰問。
5月3日、和歌山を訪問。大石、高木、峯尾、西村を慰問。成石の家族には書面で慰問。
5日、三重の崎久保遺族を慰問。
7日に帰京、同志への報告会を開く。
12日、堀保子、秋田監獄の坂本に書籍郵送するが、閲読は不許可になる。
7月、官憲の記録には<堺利彦、7月19日附け茨城在住小木曾助次郎へ宛てに「故幸徳伝次郎が在獄中より弁護士に送りたる極めて有益なる書面なれば一読の上返却せられたし」との意味を附記し郵送せり。「幸徳秋水の獄中より弁護士に贈る書」>とある。後に「陳弁書」と題される幸徳のテキストが同志間には閲覧されていた事実があり、フレームアップ事件としての「幸徳事件」の概要は知れ渡っていた。

1913年2月3日、大杉栄、秋田監獄の坂本に面会。[坂本清馬年譜]
1914年4月14日大杉、坂本宛に手紙発信。16日に坂本は手にする。
大杉は<坂本の姉が心配しているとして司法省に谷田監獄局長を訪ね、局長と典獄から二件の許可を得る。<書籍差入れを大杉が受持つ、坂本からの書信は交互に大杉と坂本の家族に発信する、大杉と坂本の家族も交互に発信する>
[PR]
# by koutokushuusui | 2011-06-26 12:04

幸徳事件其の二

海外での抗議活動

1910年9月21日、ロイター通信が「天皇暗殺計画」を報道。
11月12日 エマ・ゴールドマン、ヒッポリート・ハベルら5名のアナキスト・自由思想家が駐米全権大使内田康哉あてに講義文を送る、これを機に全米、ヨーロッパ抗議行動が広がる。
11月22日 エマ・ゴールドマン、ニューヨークで第一回抗議集会を開く、数百名が出席「ニューヨーク・アピール」を採択。 12月10日 ロンドンのアルバートホールにおいて「処刑反対大演説会」が開かれる。
12月12日 ゴールドマン、ハベル、ニューヨーク、抗議集会、桂首相に抗議文を提出することを採択。
12月16日 岩佐、サンフランシスコで「幸徳記念演説会」を開く、作家ジャック・ロンドン支援日本大使に抗議文を送る。
12月 報告<コウトク事件>ヒッポリート・ハベル『マザー・アース』掲載。
1月 報告<日本における正義>ヒッポリート・ハベル『マザー・アース』掲載。
2月、報告<アナーキー万歳!>ヒッポリート・ハベル『マザー・アース』掲載。
「悪業が行なわれた。民衆の中の最良にして高貴な者が倒れ、最も悪魔的で野蛮な方法で殺 害された。比べようのない極悪な犯罪が1911年1月24日行なわれた。恐るべき打撃を人類に与え、文明の面前に挑戦状をたたきつけた。無情な野蛮主義が新思想のパイオニア達を 冷酷に縊り殺し、その絶望的な犠牲者達の苦痛に狂喜している。だが、われらは悲しまない。むしろわれわれの同志達の無実、純粋性、公明正大、忠実、自己犠牲と献身を全世界に表明するのがわれらの仕事である。われらは悲しまない。われらの友は不滅を成しとげ たのだ。新時代が彼らの受難の日をもって日本を衝撃した。ミカド・ムツヒトの時代は、人間の記憶から消えよう。ブシドウもおとぎ話で神話に過ぎない時も来よう。だが受難したアナキスト達の名前は人類の進歩の頁を飾るのだ。大審院の構成員達、人類の高貴な者を執行者の手にした彼らは、やがて忘れられよう。だがトウキョウの殉教者達は未来の世代の人々によって尊敬され賛美されよう。………」
2月、報告<コウトクデモ>『マザー・アース』掲載。
2月11日 報告<親愛なるホール様>エマ・ゴールドマン『マザー・アース』掲載。
2月15日、「ロンドンタイムス」記事 イギリス議会で「大逆事件」が議題となり、裁判手続、思想の自由等を独立労働党のケヤ・ハーディーが質問する。

12名、投獄後の状況

1914.6.24 高木 秋田監獄で縊死
1914.9.30 坂本 法相尾崎行雄宛に「無実を訴える」上申書を提出
1915.7.24 新村善兵衛、千葉監獄より仮出獄
1916.5.18 三浦 長崎監獄で自殺
1916.7.15 佐々木、千葉監獄で獄死
1916.10.10 新田、千葉監獄より仮出獄
1917.7.27 岡本 長崎監獄で病死
1919.3.6 峰尾 千葉監獄で病死
1919.4.2 新村善兵衛、大阪で死去
1925.5.10 飛松 秋田刑務所より仮出獄
1929.4.29 崎久保は秋田刑務所より、成石勘、武田は長崎刑務所より仮出獄
1931.4.29 岡林、小松は長崎刑務所より仮出獄
1931.1.3 成石 死亡
1931.10.1 坂本、秋田より高知刑務所へ移送
1932.11.29 武田 自動車事故で死亡
1934.11.3 坂本 仮出獄
1937.3.20 新田、東京で死亡
1945.10.4 小松 困窮の中で死亡
1946.2.24 坂本、岡林 刑の言い渡しの効力を失わせる「復権」
1948.6.26 崎久保、飛松「復権」
1948.9.1 岡林、高知で死去
1952.10 坂本「逆徒といわれて 在監25年・幸徳事件の真相」を『中央公論』10月号に発表。
1953.9.10 飛松、山鹿町で死去 65歳
1955.10.30 崎久保、市木村で死去
1975.1.15 坂本死去 84歳
1975.1.24 中村で追悼会「故坂本清馬君翁を讃える会」発足

再審闘争

1960.2.23 「大逆事件の真実を明らかにする会」発足
1961.1.18 坂本清馬、森近栄子(運平実妹)、東京高裁に再審請求申立て、東京高裁、森長弁護人等代理人
1963.9.13,14 坂本出廷陳述
1963.11.29 荒畑寒村証言
1963.12.20 荒畑寒村証言
1964.1.13,14 森近栄子他証言、岡山にて
1964.3.11 築比地仲助、証言
1964.5.8 崎谷一郎、証言
1964.7.15 日弁連、旧東京監獄刑場跡に「刑死者慰霊塔建立」
1964.9.25 神埼清証言
1964.12.28 意見書
1965.1.29 弁護人意見陳述
1965.12.1 再審請求棄却 (註 公表10日)
1965.12.14 特別抗告
1966.9.20 最高裁審理決定
1967.7.5 高裁決定を有効と判断、特別抗告棄却
[PR]
# by koutokushuusui | 2011-06-25 12:06